壁・天井の気密シート張りは几帳面さが大切 … 第三者監理・検査2012/06/19

気密シート張り
- -
気密シート張りは断熱材の施工同様に、作業員の几帳面さが要求される工事です。

断熱材の施工もそうですが、その上から張り込む気密シートの施工も曲がったりシワになったり、合わせ目に隙間が出来たりしないように丁寧に施工しないと本来の目的を発揮することが出来ません。

床や天井部分でのシートの合わせ目の重ね寸法や床面の張り延ばしなど、寸法に余裕を持たせた張り方を基本として、きれいに施工するのが正しい方法です。
壁や天井から出ている配線の穴あけ作業についても、出来るだけ開ける穴を最小にしてきれいに施工することが本来の姿です。

こういった一連の作業を通して思うことは、やはり施工者の作業前の段取りと仕事の几帳面さが一番重要な要素で、大切なのことなのだということです。


コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

名前:
メールアドレス:
URL:
コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://hd2s-ngo.asablo.jp/blog/2012/06/19/6485319/tb

※なお、送られたトラックバックはブログの管理者が確認するまで公開されません。

アクセスカウンター