階下が外部に面している床下の断熱施工不良 … 第三者監理・検査2013/06/07

断熱施工不良
- -
写真は車庫の上の天井(2階の床下)を見上げた写真ですが、断熱材の切り方も施工もかなりいい加減な仕事ぶりです。

施工が終わっている(?)部分でもすでに半分脱落している断熱材もありますし、ボロボロに破れているものも平気で使っています。
このまま施工が進んでしまえば、冬は上階のリビングの床面はかなり冷え込むことでしょう。

世間的に少しは名の知れた工務店の現場での事例ですが、なにより程度の悪さと無責任な仕事ぶりにビックリです。
こうなるとどこをどう是正すると言うことではなく、(現場監督を含めて)施工する人自体を変えない限りこの先の施工もまったく信用出来ないですね。

こういう現場では、たいがい全ての職種の仕事でダメ出しの連続になることが多く、この断熱材施工に限らず構造検査でも防水紙の施工でもまるで不良工事の見本のような現場となる可能性が大です。

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

名前:
メールアドレス:
URL:
コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://hd2s-ngo.asablo.jp/blog/2013/06/07/6839790/tb

※なお、送られたトラックバックはブログの管理者が確認するまで公開されません。

アクセスカウンター