横浜市省エネ住宅相談員更新講習会 … 建築の講習・建築2014/12/01

横浜市開港記念館
- -
横浜市省エネ住宅相談員というのをやっていたりするのだが、今日はその更新の講習会に参加してきました。

会場は横浜市開港記念館(写真)の1階のホールで行なわれた。
ここの開港記念館は士会の集まりや神奈川県ヘリテージマネージャーの講義・集会などでよく使われる場所なので、大変馴染みのある場所です。

横浜市開港記念会館は、もともと横浜開港50周年を記念して市民の寄付金により大正6(1917)年に公会堂としてレンガ造で造られた建物です。
(今は耐震補強などが施され、一部にRC造、SRC造の部分がありますけど)

横浜の代表的建造物の一つとして今でも中区の公会堂・ホールとして使われていて、多くの横浜市民に親しまれています。
また、角にそびえる時計塔が大きな特徴で、「ジャックの塔」の名前で親しまれています。この塔は関東大震災でもかろうじて倒壊せず残った貴重なものです。
(と、会場となった建物の自慢話はどうでも良いのですが、、)


横浜市省エネ住宅相談員というのは、横浜市独自の制度で、主に横浜市内の住宅の省エネ化を促進するため、一般市民の相談に乗ったり総合的な助言を行なったりする建築省エネの専門家ということです。

日頃している仕事のひとつである(住宅の)第三者監理業務は、新築住宅に対しての監理・検査・助言などが主ですが、この省エネ相談員の役割は主に木造住宅(軸組工法や2×4工法など)の省エネリフォームに対する相談・助言が多いようです。

どちらも相通じるところはたくさんありますから、そのへんは僕は区分けせずに考えてやっていますけどね。

省エネ住宅相談員は市の名簿に登録され、横浜市のHPで一般公開し市民に広く周知していく、ということですが、ほんとに広く周知されているかどうかは僕には解らない。

無料カウンター