旧矢箆原家住宅:囲炉裏端の正月飾り … ヘリテージ/ボランティア・WanderVogel2014/12/21

旧矢箆原家住宅正月飾り
- -
今年も旧矢箆原家住宅の囲炉裏端では、恒例となったお正月の飾り付け「花餅飾り」が設えてあります。
お正月を迎える準備万端です。

昨日は小雨がパラつき、冷え込みも厳しくてさすがに来園者もまばらでした。

今年は12月に入って毎週訪れる寒波の影響で天候が安定せず、雨や小雪がパラつく日が続き、裏山の落ち葉かきが手つかずの状態です。
こればかりはお天気次第です、なかなか思い通りにはいきません。

三渓園は29日~31日までの3日間が年間を通して唯一のお休みで、新年は元旦の1月1日から活動を開始しています。
特に1日〜4日の四日間は、鶴翔閣(明治35年:1902年建築・横浜市指定有形文化財)で様々な行事・儀式が執り行われるので、合わせて内部を特別公開しています。
元日の1日は雅楽の演奏が行なわれます。
2日には、古式に則った「包丁式」がお披露目されます。包丁式とは、神や天皇に料理を捧げるにあたり、食材にいっさい手を触れず箸と包丁のみで魚や鳥をさばくという伝統的で大変厳かな儀式です。
3日は和妻(日本手品)、4日は能楽の演奏とお正月らしいイベントが続きます。


それはそうと、昨夜の三渓園ボランティア有志の親睦会(飲み会?)に引き続いて、今日21日はかながわトラストみどり財団主催のボランティア交流会に参加の後、かながわ森林インストラクターの会 同期生による大忘年会、海老名で飲んで帰る頃にはすでに日付が変わっていた。海老名から金沢八景まではけっこう遠いなぁ。

それよりも、1軒目に続けて2軒目も飲み放題のハシゴというのは、やはり少し無茶だった?
みなさん身体の作りがもともと「体育会系」なので、いやぁ〜、よく飲みました。

昨年の包丁式の様子:http://hd2s-ngo.asablo.jp/blog/2013/01/02/

アクセスカウンター