山と渓谷 2月号をまったりと読みながら … 山のこと・WanderVogel2017/01/19

金柑の甘露煮とお茶と山渓
- -
今日は思いもよらず数年ぶりの風邪ひきで、午後から温々した部屋で静養していました。

鼻水が止まらず、喉の痛みもあり、また、風邪薬を飲んだせいだろうか、頭がボーッとしていて時々睡魔に襲われます。
デスクワークが出来る状態でもないので、近くの書店で「山と渓谷」2月号を買ってきて、パラパラとページをめくりながら読んでいます。
テーブルの上に金柑の甘露煮とお茶を用意して、ストーブに足を投げ出しながらヤマケイを読みつつ、次のヒマラヤ行きの計画を立てています。

幸い、金柑エキスが効いてきたのか、喉の痛みはだんだん薄れつつあります。
それにしても、今週中にやることが溜まっているというのに、、、。仕方がないな、今日はゆっくり休んで、明日頑張って片付けよう、っと。

コメント

_ 田中 ― 2017/01/22 21時02分26秒

アグレッシブな方の様ですね。自然は良いですね。お風邪お大事に。

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

名前:
メールアドレス:
URL:
コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://hd2s-ngo.asablo.jp/blog/2017/01/19/8327426/tb

※なお、送られたトラックバックはブログの管理者が確認するまで公開されません。

無料カウンター