タマネギのアチャール(インド版ピクルス) … 畑の収穫・WanderVogel2017/06/18

タマネギのアチャール
- -
先日、畑からたくさんのタマネギを収穫してきたので、保存食としてタマネギのアチャール(インド版ピクルス)を作り置きします。

インドやネパールで食べるカレーには必ずと言って良いほど付け合せで出てくるタマネギのアチャール。
カレーやダルバートには、メインのカレー(ダル、タルカリ)のほかに、サブジーあるいはサーグと呼ばれる青菜炒めとアチャール(ピクルス)が欠かせない。
アチャールは別にタマネギだけというわけではなく、その季節の野菜を使って作られるのだが、やはりタマネギが一番多いように思う。


作り方はかなり自己流にアレンジしていて、すごく簡単です。
まずはタマネギを3個ほど適当に切り、ボールに水を張って晒しておきます。
その間にスパイスの準備をします。
使うスパイスは、チリパウダー(唐辛子、食塩、クミンパウダー、オレガノ、ガーリックパウダーがグレンドされているスパイス)、カルダモン(ホール)、コリアンダー(ホール)、クミン(ホール)、鷹の爪、(クローブも入れたかったのですが、手持ちが無かったので今回はパス)
その他に、ニンニク、ショウガ、オリーブオイル、塩・コショウ、レモン1個、彩りのためのパプリカを1個

水に晒したタマネギにザルにあけて塩をふって少し揉み、水分を出しておきます。

フライパンにオリーブオイルを入れ、熱くなったところにカルダモン(ホール)、コリアンダー(ホール)をひとつまみづつ入れて香りを出します。
香りが立ってきたところにクミン(ホール)ひとつまみ、鷹の爪(1本)を入れます。クミンと鷹の爪は焦げやすいので要注意。

水気を切ったタマネギをボールに移し、ショウガ千切りとニンニクをすり下ろして入れ、パプリカをタマネギと同じように切って入れます。
その上からチリパウダーを大さじ2杯かけ回して、上記の熱したオリーブオイル+スパイスをジュっとかけます。
手で揉みほぐして、スパイスとタマネギを馴染ませていきます。(手に強烈な臭いが移るので、ビニール袋を手に嵌めて使います。)
僕はジラ(クミン)の香りが好きなので、炒めたもののほかに生のものも加えます。
最後にレモン1個を絞って完成です。

常温で一晩置き、翌日密閉容器に移して冷蔵庫へ。
食べ頃は味が馴染んできた1~2日後ぐらいからがベスト。

今日は昼過ぎから一時 金沢八景では豪雨となり、久しぶりのまとまった雨で、畑にとっては恵みの雨になったな。

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

名前:
メールアドレス:
URL:
コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://hd2s-ngo.asablo.jp/blog/2017/06/18/8599924/tb

※なお、送られたトラックバックはブログの管理者が確認するまで公開されません。

無料カウンター