アサザの花・横浜自然観察の森 … 自然観察・Volunteer2017/06/22

アサザの花
- -
横浜自然観察の森、ヘイケボタルの池近くに作られた観察湿地に咲くアサザの花

漢字で書くと「浅沙」と書き、別名をハナジュンサイ(花蓴菜)と呼ぶのは、葉がジュンサイに似ているからだと言う。
ヒツジグサ(未草:スイレン科スイレン属)と同じように浮葉性の水草で、水底に張った根から長い葉柄を伸ばして水面に葉を浮かせ、花を立上げる。

アサザの繁殖方法は、根と言うか枝(走出枝)を出し切り離して増えていく方法(クローン)と、普通の植物のように種子から増えていく方法の2種類ある。
水面にたくさん葉っぱが浮いているように見えるが、水底の根でつながっていて、ひとつの個体だったりする。

花は晴れている時しか咲かないのだそうで、曇りや雨の時は閉じているのだという。
この梅雨の時期の晴れているときにしか見られない貴重な花だ。

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

名前:
メールアドレス:
URL:
コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://hd2s-ngo.asablo.jp/blog/2017/06/22/8602423/tb

※なお、送られたトラックバックはブログの管理者が確認するまで公開されません。

無料カウンター