フォッサマグナ要素の植物を雨山に見に行く … 自然観察・WanderVogel2017/09/10

ビランジの花
- -
今日は丹沢・雨山の麓を登り降りしながら、フォッサマグナ要素の植物(*)の観察をしてきました。
毎年一回行なわれる観察会です。

丹沢には「フォッサマグナ要素の植物」と呼ばれる固有の植物が数多く生息をしています。
中には絶滅危惧種に指定されている植物もあり、貴重な植物群として保護されているものも多くあります。


今日見られたもの:
*シラヒゲソウ(白髭草)の花、*ビランジの群生、*ハンカイシオガマ(樊噲塩竈)の蕾み、*タテヤマギク(立山菊)の花、*フジアザミ(富士薊)の蕾み、などフォッサマグナ要素の植物の他、いろいろなキノコ類も観察でき、楽しい一日を過ごすことが出来ました。

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

名前:
メールアドレス:
URL:
コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://hd2s-ngo.asablo.jp/blog/2017/09/10/8674318/tb

※なお、送られたトラックバックはブログの管理者が確認するまで公開されません。

アクセスカウンター