バイク用品の更新・シートバッグ … Furia・BikeTouring2021/10/26

- -
バイク用品の更新:シートバック

シートバックも新しいものに更新した。今まで使っていたものはデザイン重視過ぎて、格好は良いが積載量が少なく不満があった。今回は実用本位、使い勝手重視でシートバックを選定した。
TANAX・ミニフィールドシートバッグ【Kシステムベルト】 MFK-100、容量は19L~27L、というシートバックとしては小振りではあるが、実績のある定番のものに行き着いた。人気があるシートバックのようだから、同じものを載せているバイクがたくさんいそうだ。

Kシステムベルトというのが付属していて、バックの着脱が容易に出来るようになっている。これは良い点でもあり、心配な点でもある。
容易に装着出来ると言うことは逆に、容易に盗まれるのではないかと言うことだ。
心配性の僕にとって、ツーリング中にバイクから離れる際には、手に持って歩くことになるだろうな。ジャマだけど。。。

収納量はベーシックの段階で19Lということで、雨具プラス積載工具に多少の着替え程度は収納出来るので1泊程度のツーリングには使えそうだ。
僕の場合、行った先でお土産を買うことなど皆無なので、目一杯詰め込んでも困ることは無い。

もうワンサイズ大きめのシートバックという選択肢もあったが、積載量が増えると安定性に支障が出そうだ。
荷物は出来るだけコンパクトにするのが「旅」の基本セオリーだし、持って行こうかどうかと迷った時には、「持って行かない」という選択をするのも旅の自由度を上げるには大切なことだ。


しかしこの「選択」も、歳を重ねるに従って揺らいできていて、最近はどうしても持って行くものが増えてしまう傾向にあるのが、我ながら情けない限りだ。
詰め込もうと思ったら入り切らなかった、なんてことにならないよう気をつけよう。。。
若いころであれば、無ければ無いでどうにかしてしまったものだが、最近では如何ともし難い事態になることがままある。暑さ寒さに敏感になり、身体の許容範囲が狭まり体調不良を起こしやすくなるのだ。

したがって、泊るところはそれなりのところを選ぶことになり、着るものには高機能を求め、食べるものは高価格帯に振れてしまう。何をするにも若い時よりもお金がかかるのである。

歳をとると言うことはこういうことなのだな。まったく困ったものだ。

- -
アクセスカウンター