富士山を正面に見ながら134号線をバイクで西走 … Furia・BikeTouring2021/10/23

20211023Furia
- -
秋晴れの中、バイクで山岳スポーツセンターまで往復した。
早朝、自宅から京急逗子線に沿って走り、逗子、鎌倉を通過し、134号線を海を見ながら西走する。海岸沿いの道は渋滞も無く、気持ち良く流れている。

朝から快晴であったが気温はそれほど上がらず、防寒インナーを取付けた厚いレザージャケットという重装備で走ったわりに、暑くもなく寒くもなく気持ち良い季節に入ったなぁ、と実感できた。
ちょうど青空をバックに少しだけ冠雪した富士山を真正面に見ながら走ることになり、久しぶりに晴々とした気分でバイクツーリングの醍醐味を味わうことが出来てラッキーだった。


丹沢に出掛けたのは、日頃活動している森林整備フィールドで別に依頼された除伐作業をするためなのだが、6人の猛者が集合したこともあって、作業はほぼ半日で完了。気持ち良く整備された登山道の姿に戻った。

山はまだ紅葉と呼ぶには早く、11月を過ぎなければ色付く感じでは無かった。
作業中、いかにもヤマビルがいそうなところに踏み込んでいたのだが、幸いなことにヤマビルの姿は見ることは無かった。
ただ、作業にあたったうちの一人だけはそれでも被害を受けたとことをみると、昨日降った雨と今日の快晴で最後のあがきに出たのかな、と想像出来る。
いずれにしても、丹沢方面でのヤマビルの活動もこれで最後であろう。
山もこれから良い季節に入る。


バイクの調子も絶好調で、新たに取付けたスマホホルダー(QUAD LOCK)に古いiPhoneを取付け、ヤフーカーナビを見ながらの走りは心に余裕ができた分、運転に集中出来て安全性が向上したように感じる。
車ではすでに常識となっているカーナビも、バイクでは屋外での使用である点と結構激しい振動の問題で、どうしても二の足を踏んでしまっていたのだ。
モトグッチのOHV2気筒エンジンは結構振動があって、バックミラーが役に立たないくらいの振動が絶え間なく続く。乗っている本人にとってはそれも魅力のひとつなのだが、スマホなどの精密機械にとってはこの振動は非常に厄介なものなのだという。

スマホに搭載されているカメラの精度が格段に上がっていることが逆にネックとなり、バイクのエンジンの振動でカメラの手ぶれ補正機構に障害が出ると取りざたされていたこともあって今まで利用を差し控えていたのだ。

昨年新しいiPhoneに変えた際に、古い方のiPhone5をペアリングさせて使うという方法をネットで知り、それ以来積極的に使用している。iPhone5にはそもそも手ぶれ補正機能などは付いていないし、雨さえ降らなければ十分に使える。
今春の車検時にUSB端子を付けてもらったので、充電を気にすることも無く利用出来るのでさらに安心だ。
今のところヘルメットにヘッドセットなどを取付けていないので、音声案内を聞くことは出来ないが、そのうち機会をみてそこにも手を出してみようと思っている。

自分でも情けなくなるほどの方向音痴の僕にとっては、カーナビ無しではこの先どこへも行けない気がする。。

- -

バイク用品の更新・レインウェア … Furia・BikeTouring2021/10/24

- -
バイク用品の更新:レインウェア

今年春のバイク車検以降、古くなったバイク用品の更新を少しずつ進めている。
昨日のブログに書いたUSB電源やスマホホルダーもそうなのだが、それ以外にヘルメットやシートバックなどいろいろと新しいものに更新しているところだ。

写真のレインウェアもそのひとつで、今までの雨具もGOLDWIN のものを使用してきたが、今回買ったのも同じメーカーの「Gベクタープロフェッショナルレインスーツ GSM22104」というものだ。ネット通販での購入なのだが、AmazonやYahooShoppingなどのサイトを見てみるといろいろと通販先が出てきて値段もそれなりにお安いのではあるが、どうもこの歳になると何となく敬遠してしまい、GOLDWIN MOTORCYCLEのメーカーサイトから買ってしまう。
なので、定価売りなのはしょうがない。定価¥22,000+送料¥500。

スペック上は、初期耐水圧40,000mm以上、透湿性20,000g/m2・24h、ということで性能的には今まで使っていたものを上回っていて、年老いた身には心強いのだ。
カラーはベージュという写真のものを選んだのだが、色合いからすると山登りの雨具という感じで、あまりバイクウェアらしくはないのが良いと思った。ウェアのサイズに関しては、着膨れしたバイクウェアの上からでも脱ぎ着し易いように、ジャストサイズプラス2サイズくらい大きめを選ぶのが良い、という意見も一部にあるが、あえて1サイズ大きいくらいのXLを選択した。一応、現在持っているGOLDWINの旧タイプのものを採寸し、確認して購入したのだが、GOLDWIN のものはもともと大きめに出来ているようにも感じられる。

それと、今までの経験上から、いくら「大は小を兼ねる」とは言っても、だぶだぶ過ぎて大き過ぎるのも防水的には問題があると思っている。腕や脇腹に付いているバタ付き防止用の調節テープで絞り込んでも、余った生地がダブつきシワになりそこに水が溜まることになってしまうのだ。何ごとにも適度というのが重要だ。


もうひとつ、雨の日にバイクに乗っていて気になる部分があった。シートとお尻の間の水染みだ。ここはどうしても雨水が溜まりやすく、このあたりの問題をクリアしたいこともあってこの製品を選んだと言うのもある。この雨具の場合、お尻の部分に縫い目の無い一体成形で作られていて、シール部分からの浸水の心配が無いので、それも安心につながるのではと考えた。

また今回、バイクのシート側にも新たにシートカバー(座布団)を取付けた。komineの「3Dエアメッシュシートカバー」というもので、シート面とお尻の間に少しだけ空間を作る効果があり、水が溜まりにくい(水を流す)構造になっている。
これで雨の日のバイクも少しは快適になるものと期待しているのだ。

とは言っても、出来ることなら雨に日は温泉宿にでも泊って、のんびりと雨の止むのを待っているような心と体の余裕が欲しいものだ。
60歳をとうに過ぎ、もうすでに、そういうことが出来る年齢になってきているのだが、、、お金と時間の兼ね合いで、なかなかそう理想通りには行かないのがまったくもって悲しいところだ。

- -

バイク用品の更新・フルフェイスヘルメット … Furia・BikeTouring2021/10/25

- -
バイク用品の更新:SHOEI フルフェイスヘルメット Z-8

今年、ヘルメットも更新した。定価¥56,100のところ、特価で¥53,800だった。
今まで使っていたヘルメットは、ドイツのヘルメット製造メーカー、SCHUBERTH(シューベルト)製のヘルメットだった。
デザインは良いのだが、僕にはかなり重過ぎた。それにサンバイザーを内蔵してあるせいで帽体自体も大きく、風の影響をもろに受けて肩の凝るシロモノであったし、耐用年数もとうに過ぎてしまっていた、ということもある。

そんな不満もあって、フルフェイスヘルメット選びにはこだわりがあった。
いろいろと検討した結果、コンパクトなフォルムと軽量で人気の Z-7の後継である Z-8が良いのでないかと購入を決めた。
メーカーのSHOEIの宣伝文句には「視界や操作性を向上させた新たなシールドシステムや、効果的な走行風の導入・排気による高効率ベンチレーションシステムなど、より一層の「快適性能」を追求した。」とある。

SHOEIのヘルメットにはPINLOCK EVO Lensという標準の防曇シートが付いている。また、万が一のアクシデント時に備えた緊急用ヘルメット取り外しシステムであるエマージェンシー クイック リリース システムを採用しているということも心強い点だ。

しかし何より、信頼出来る国産ヘルメットの中では最軽量でコンパクトな帽体というのが選定の決め手となった。


近所にあるナップス幸浦店にSHOEIの専門アドバイザーがいるということなので、さっそく行って来た。
専門スタッフによる計測とそれをもとにして若干の微調整を加え、ピッタリのヘルメットに調整してもらった。ヘルメットサイズはMサイズだった。
価格だけでいえばネット販売でもっと安く購入出来るだろうが、ヘルメットに関しては実際に被ってみてアドバイスを受けて購入するのが第一と以前の失敗から学んだ。

実際に被って走ってみて、一番の驚きはその静粛性だった。風切り音が気にならないほどの静かさにちょっと驚いた。
今まで被っていたヘルメットがうるさ過ぎたのだろうが、あまりに快適な走りで今まで以上に運転に集中出来る。
そして、ヘルメットの軽さも大きな魅力だ。特に長距離を走るとその軽さの違いに気付かされる。

マットブラックのきれいな仕上げなので、あちこちぶつけないように注意しないとな。

- -

バイク用品の更新・シートバッグ … Furia・BikeTouring2021/10/26

- -
バイク用品の更新:シートバック

シートバックも新しいものに更新した。今まで使っていたものはデザイン重視過ぎて、格好は良いが積載量が少なく不満があった。今回は実用本位、使い勝手重視でシートバックを選定した。
TANAX・ミニフィールドシートバッグ【Kシステムベルト】 MFK-100、容量は19L~27L、というシートバックとしては小振りではあるが、実績のある定番のものに行き着いた。人気があるシートバックのようだから、同じものを載せているバイクがたくさんいそうだ。

Kシステムベルトというのが付属していて、バックの着脱が容易に出来るようになっている。これは良い点でもあり、心配な点でもある。
容易に装着出来ると言うことは逆に、容易に盗まれるのではないかと言うことだ。
心配性の僕にとって、ツーリング中にバイクから離れる際には、手に持って歩くことになるだろうな。ジャマだけど。。。

収納量はベーシックの段階で19Lということで、雨具プラス積載工具に多少の着替え程度は収納出来るので1泊程度のツーリングには使えそうだ。
僕の場合、行った先でお土産を買うことなど皆無なので、目一杯詰め込んでも困ることは無い。

もうワンサイズ大きめのシートバックという選択肢もあったが、積載量が増えると安定性に支障が出そうだ。
荷物は出来るだけコンパクトにするのが「旅」の基本セオリーだし、持って行こうかどうかと迷った時には、「持って行かない」という選択をするのも旅の自由度を上げるには大切なことだ。


しかしこの「選択」も、歳を重ねるに従って揺らいできていて、最近はどうしても持って行くものが増えてしまう傾向にあるのが、我ながら情けない限りだ。
詰め込もうと思ったら入り切らなかった、なんてことにならないよう気をつけよう。。。
若いころであれば、無ければ無いでどうにかしてしまったものだが、最近では如何ともし難い事態になることがままある。暑さ寒さに敏感になり、身体の許容範囲が狭まり体調不良を起こしやすくなるのだ。

したがって、泊るところはそれなりのところを選ぶことになり、着るものには高機能を求め、食べるものは高価格帯に振れてしまう。何をするにも若い時よりもお金がかかるのである。

歳をとると言うことはこういうことなのだな。まったく困ったものだ。

- -

伊豆半島一泊二日 Bike Touring:1日目 … Furia・BikeTouring2021/10/31

Furia・BikeTouring
- -
当初、月曜日〜火曜日の二日間を計画していたが、天気予報を見て急遽、土曜日〜日曜日に変更した。幸い前日の夜中でも宿のnet予約が出来た。

一日を通して快晴、気温は朝方は9℃〜13℃、日中は18℃くらいまで上がった。
6:15自宅を出発、鎌倉でガソリン給油 6:40、134号を走り抜け、西湘バイパスの西湘PAには7:30に到着。ターンパイクを走り、大觀山ドライブインには8:00到着、coffeeを飲み、トイレを済ます。
大觀山を8:30に出発し、伊豆スカイラインを走り、山伏ICで下りる。県道80号を下り、県道349号、国道414号(天城街道)を快調に走り、ワサビソフトで知られる「道の駅 天城越え」でトイレ休憩10:20。

その後、道を間違えて県道14号に入ってしまい、河津の海まで出てしまう。
行楽の車で混んでいるのでは、と、海岸線沿いを走ることを敬遠していたのだが、予想に反してまったく空いていて、のんびりと海岸線に沿ってワインディングロードを走る。相模湾を左に見ながら白浜海岸を通過、下田港には11:30に到着。ここで昼食を取ることにした、ネットで調べた「うどん 合掌」でみにうどんすき(¥1,200)を食べる。完食
下田港を12:45に出て、GSでガソリンを給油しマーガレットラインを走る。途中にある「道の駅 下賀茂温泉 湯の花」13:15に到着。
海岸線に出てからは時間調整を兼ねて出来るだけゆっくり走り、景色の良い場所では止まって陽を浴びて眩しく輝く岩礁帯の海を眺めたりして過ごすが、まったく渋滞にあわないこともあって、想定していた通過時間が大幅に短縮され、時間を持て余す結果となってしまった。

時間調整でマーガレットラインを離れ、石廊崎周りでワインディングロードを楽しむ。ヒリゾ浜で再休憩し、雲見温泉には14:55に到着。

Yahoo Naviのおかげで迷うことなく本日の宿に到着。
本日の宿のウリはバイクを屋根付きシャッター付きの専用ガレージで保管してもらえると、いうことにある。このサービスがあるのもこの宿を選択した理由のひとつなのだ。また、日本全国なかなかソロツーリング客向けの宿泊プランを提示している宿は少なく、選択肢が狭いのが難点なのだが、この宿はソロツーリングでも気軽に利用出来る点も評価が高い。
大きな街であればビジネスホテルのシングルルーム利用という手もあるが、ツーリング計画で泊る地点をセレクトする場合、大きな街を外れた場所となることが多い。車と違ってバイクは、いたずらや盗難など気を付けなければならないことがたくさんあるからだ。

到着後、宿の天然温泉に入って身体をほぐし、夕食を待ちながら部屋でのんびり過ごす。
新型コロナウイルス対策のために、夕食は部屋まで運んでくれる。「食べる温泉宿」と、銘打つだけあって地元で獲れた新鮮な魚づくしの料理の数々は豪華なもので、どれも美味しくまた量も多く、しっかり運動した後の空腹を十二分に満たしてくれた。夕食後にふたたび温泉三昧。

秋晴れの日曜日だと言うのに全体を通して車の量は極端に少なく、渋滞に巻き込まれることもまったく無く、西湘バイパスから先、車もバイクもあまり姿を見かけないぼど空いていた。時間を持て余すほどだった。
寒さを気にしていたが逆にお昼近くになると汗ばむほど暖かくなった。

- -
アクセスカウンター