伊豆半島一泊二日 Bike Touring:2日目 … Furia・BikeTouring2021/11/01

西伊豆の海岸線
- -
Bike Touring:2日目
朝5時前に起床し、温泉に入る。天気予報では伊豆半島全体でお昼ごろから雨が降ってくるとのことなので、それまでに小田原くらいまで走り抜けたいなぁ、などと考えつつゆったりと朝風呂に浸かる。

朝食は7時くらいからと早めなのはツーリングメインのこちらとしては嬉しい心遣いだ。しかも、新型コロナウイルス対策で朝食も部屋食なのだ。昨夜の夕食同様に朝から大盛りの充実した朝食メニューなのがさらに嬉しい。
しっかりと朝食をいただき。出発の準備を整えガレージに向かう。
屋根付きシャッター付きの専用ガレージで保管してもらっていると思うと、宿にいても余計な心配をしなくてよい。夜露や急な雨に濡れることもなく、埃まみれになることもなく、いたずらに気をもむこともなく安心出来るのだ。

雲見温泉を8時に出発し、西伊豆の海岸線に沿って気持ちの良いワインディングロードを走る。昨日と同じように前後に車はなく快適に走れるのが嬉しい。空は薄曇りで時折陽も射していて、いかにも降り出しそうな、という感じではない。

その後、海岸線を離れ、山間部を抜け修禅寺へと入る。伊豆半島の中心を貫く伊豆縦貫道をフルに使って駆け抜ける。
途中naviを見間違えて道を間違えたりもしたが、ほぼほぼ順調に箱根峠を越えて箱根新道を下っていく。箱根峠はさすがに気温が低くて寒さを感じたが、ここでも渋滞に巻き込まれることもなく、非常にスムーズに走ることができた。

ガソリン給油のため、小田原市内でGSに立ち寄り給油後、小田原ICから西湘バイパスに入る。橘出口の西湘PAでトイレ休憩をし、熱いココアで身体を温める。西湘バイパスから134号線を走り抜け、鎌倉から逗子に入ったあたり、ちょうど12時を回った途端に雨が降ってきた。天気予報どおりだな。

レザージャケットとレザーパンツは手入れしたばかりなので少しの雨であれば弾いてくれる。10分~20分程度ならば大丈夫だろう。防水機能の無いiPhone 5はバックにしまってしまおう。
というわけで、あらためて雨具を着ることもなくそのまま走り続け、12:20金沢八景の自宅に到着した。雲見温泉を出発してから4時間20分、渋滞さえしていなければ、距離的にはそんなものだろう。帰宅後、雨は本降りとなった。ラッキーでした。

雲見温泉発8:00~「道の駅 月ヶ瀬」9:20~箱根峠10:10~箱根新道~小田原市内でガソリン給油~西湘バイパス橘出口/西湘PA10:50/ココア、トイレ休憩11:10~自宅12:20着(2日目走行距離=169km)

- -
アクセスカウンター