FBで見つけたドカティSS1000のカフェレーサー … Bike・Cafe Racers2018/01/16

SS1000
- -
FBでシェアしているBike関係の写真の中で見つけた、Ducati SS1000 DSのカフェレーサーカスタム。「CAFE RACE」のFBより転載 CAFE RACER 🏁

ここ最近の売れ筋バイクの傾向は、国内外メーカーを問わず高出力型の大きな水冷エンジンを持つフルカウルスポーツタイプが多いように思えるが、バイク本来の美しさはエンジン周りのメカニカルな造形にあると僕は思っている。
そうなるとエンジンはどうしてもきれいなフィンを持つ空冷タイプのものになってくる。

なので「いいなぁ~、」きれいだなぁ~」と思えるバイクは、どうしてもこういったネイキッドタイプの空冷スポーツバイクになってしまう。
特に「カフェレーサースタイル」と呼べるバイクに心惹かれる。

カフェレーサースタイルの定義は人により様々だろうが、自分の独断でその特徴(良い点・悪い点)を挙げてみると、、

シート厚の薄いシングルシートを持ち、しかもタンクを縦に長くすることでシート位置がやや後ろの方に置かれる。
バックステップと低い位置に取付けたセパレートタイプのハンドルで、シートに座ると腕は伸びきり、かなりの前傾姿勢を強いられることになる。
腰が悪い人にはとてもつらいライディングポジションを要求されるバイクと言えよう。
加えて、低速時の取り回しも絶望的に悪くなる。

カウルはショートカウルあるいはロケットカウルと呼ばれる形状のハーフカウルが特徴だが、カウルでエンジンを隠すようなことは決してしない。
キャブレターにせよ、インジェクションにせよ、大きなエアクリーナーは設けず直付けのエアファンネルに付け替えることも多い。
エアファンネルにすることでエンジンパワーは確かに出るのだが、あくまで見た目重視で取り付けられることの方が多いので、パワーアップを目指しているわけではない。
これにはフィルター機能がまったく無いため、当然ツーリングなどの長距離での走行にはリスクが付きまとう。

シート下は出来るだけスカスカに開けておくのも特徴のひとつで、そのためにわざわざ小さな(非力な)バッテリーに交換して、目に付きにくい場所に収納する、なんて小細工も必要になってくる。
そこまで細工をして最後に、機能性を無視した小粒なウインカーに交換し、セパハンのパイプエンドに小さなバックミラーを片方だけ(日本の場合は右側にミラー)取付ければ「カフェレーサー」の出来上がりというわけだ。


スタイル重視で造られる変態的なバイクなので、ツーリングなど長距離を走るにはまったく向いていない。

長距離を走らせることもある自分のバイクをこういうスタイリングに改造することは出来ないのだが、、、密かな憧れは持っている。

やどりき沢の脇に咲くジュウガツザクラ … やどりき・森林インストラクター2018/01/15

ジュウガツザクラ
- -
昨日の丹沢・やどりき水源林内で見かけたジュウガツザクラの花。

冬の最中に咲くジュウガツザクラだが、別に十月だけに咲くというわけではなく、10月から3月くらいまで断続的に開花する。
エドヒガン系列の園芸品種だという。
図鑑などには年に2回、10月と4月上旬に咲く、と書かれているが、見ていると2回というよりはその間断続的に順に咲いている、という印象を受ける。

同じように冬に咲くネパールの山地でよく見かける、「ヒマラヤザクラ」と通じるものがあるのかな?
ただし、ヒマラヤザクラの方は葉と花が一緒に出ているのが特徴なのではあるが、、

ヒマラヤザクラ:http://hd2s-ngo.asablo.jp/blog/2016/12/15/

山の神祭とミツマタの蕾み … やどりき・森林インストラクター2018/01/14

山の神祭とミツマタ
- -
丹沢・やどりき水源林内には、地元「山の神」が祀られている祠が建っていて、毎年1月に森林インストラクター主催で山の神祭が執り行なわれる。

今日の丹沢地方は朝から天気が良く、晴れ上がった空が眩しいくらいなのだが、冷えきった林内に入ると陽が当たっている場所であってもやはり寒さを感じる。
丹沢山中には昔植林されたミツマタの群落を見ることがある。ここやどりき水源林内でもミツマタの群落があるのだが、まだつぼみは固く、春はまだ遠いな。

冷え込む中にも春の訪れを感じるサンシュユの開花 … 三渓園・Volunteer2018/01/13

サンシュユの開花
- -
今日は、横浜本牧/三渓園でのボランティア活動の日でした。

睡蓮池の脇に植えられているサンシュユ(ミズキ科)の木。
まだ固そうな蕾みでもよく見るみるといくつかほころび始めているが観察出来た。
園内はまだまだ花の少ない時期なのではあるが、よく見ると春の花が開花の準備を始めている。サンシュユは初春の花の第一号だろう。
初春の花のイメージの強いマンサク科のトサミズキやヒュウガミズキ、マンサクなどの蕾みはまだ固いままだ。

今日園内で見られた花は、ヤブツバキ、ニホンズイセン、紅梅、白梅(侘助)、ロウバイにソシンロウバイといったところだった。

庭園にはモチノキやセンダン、センリョウ、マンリョウ、アオキ、モチノキ、ウメモドキなどの果実がまだ残っていて、鳥(ヒヨドリ)が盛んについばんでいた。

畑の収穫と周辺の自然観察 … 畑の収穫・WanderVogel2018/01/12

菜の花・セイヨウアブラナ
- -
今年初めての山上の畑での作業。
昨日、お昼をはさんでちょっと山上の畑に行って、相変わらずダイコンなどの収穫作業。

大きく育ち過ぎた感のあるダイコンとカブ、それとブロッコリー、長ネギなどを収穫してきたが、まだ大根と蕪はたくさん残っている。
これらは今月中にすべて採り終えないと、(毎年のことながら)薹が立ってきてしまうだろうな。

う~ん、やはり今年もだいぶ残ってしまったぞ。
スーパーなどでダイコンの値段を見るとあまりの高さに驚いてしまうのだが、畑での野菜たちの出来具合を見ていると、今年がそれほど悪いようには思えないのだが、何であんなに高いのだろう??? 不思議だ。

ついでに畑の周りをチラッと歩き回って、自然観察をしてきた。
菜の花(セイヨウアブラナ)、ニホンズイセン、紅梅の花、サンショウの雌花、カラスザンショウの冬芽(葉芽)、シロダモとタブノキの大きくて立派な冬芽たち。

春は近いな!

コクサギの弾ける寸前の果実・種子 … 自然観察・WanderVogel2018/01/11

コクサギの果実
- -
自宅近くの上郷の森でたくさん見られるコクサギの実。

コクサギは雌雄異株の木で、この時期、雌木の枝にはたくさんの特徴的な形をした果実(実)が見られる。
花の姿は本当に地味で注意して見ないと見過ごしてしまうのだが、果実になるとひときわ目立って存在感を発揮する。
4つあるいは3つの分化した果実が(写真のように)まとまって付いているので、かなり特徴的な姿に写る。

また、葉が落ちて枯れ枝のようになってしまっているコクサギだが、冬芽を目で追って行くとちゃんと「コクサギ葉序」が確認出来るのも面白い。


コクサギの分化した果実一つ一つには丸い種子がひとつずつ入っている。写真手前に割れた外果皮の奥に顔を覗かせている茶色い玉がコクサギの種子。
丸い種子の下には内果皮と呼ばれる硬い殻が折り畳まれた状態で収納されていて、時期が来る(乾燥状態が進むと)とそれがバネのように種子を弾いて、種を遠くに飛ばす仕組みになっている。

枯葉一枚でも持って帰ってはいけない!と、神経質過ぎるほど言われている「横浜自然観察の森」内では種子を採って帰って観察するなんてことは到底出来ないが、以前に丹沢での森林作業中に見つけたコクサギの果実をいくつか自宅に持って帰って観察をしたことがあるのだが、乾燥によってパチンッと弾け飛び、予想以上の大きな音と勢いに驚かされたことがある。
ものの本によると、9m以上も遠くに弾き飛ばす力があると書かれていた。


植物たちは様々な手法を駆使しながら自分の分身・子孫を広範囲にばらまく「技」を身に付けて進化してきた。
その手法をみてみると、風や水、動物や昆虫といった「協力者」に頼るものがけっこう多いのだが、コクサギは自分の力で種子を遠くに弾き飛ばすという種子散布方式を身に付けたのである。
同じような「自力噴出散布」といった種子散布手法をとるものには、カラスノエンドウやゲンノショウコ、ムラサキケマン、ツリフネソウ、ホウセンカなどがある。

植物たちがそれぞれの進化の過程の中で、なぜ?その種子散布方式を選んだのか?を考えてみるだけでも自然観察は一層興味深いものになり、植物進化の不思議、生命の神秘の一面が垣間みれる。

そういう目で森の中を歩いてみると、森は大きなワンダーランドに見えてくる。

横浜自然観察の森での観察会の下見 … 自然観察・WanderVogel2018/01/10

キジバトの巣
- -
先日、自宅近くにある自然観察の森で今月行なわれる市内の小学校の自然観察会の下見に出かけてきた。

この時期、園内を歩いてもこれといって目に付く植物・動物・昆虫類は無いのだが、木々の葉が落ちて見通しの良くなった分だけ今まで見えなかったものが見えてくる、という別の面白さがある。

写真は木の梢に作られたキジバトの巣だ。
キジバトは高い木の又に細い枝を使って簡単な巣を作る。他の鳥の精巧な巣と比べるとあまりきれいには作られていないのが解る。というか、かなり簡素で質素な巣だ。
細い木の枝で無造作に組まれたお皿のような巣はけっこう隙間だらけで、これだと下から卵が透けて見えてしまうのでは?と思えるが、キジバトはあまり気にしていないようだ。

横浜自然観察の森には外来種のタイワンリスも多く生息していて、タイワンリスの巣も一見するとキジバトの巣のそっくりなので、パッと見区別が付かないのだが、ある人にいわせると枯葉が混じっているのはタイワンリスの巣で、小枝だけで作られているのはキジバトの巣、なのだという。
(タイワンリスは正式名はクリハラリス(栗腹栗鼠)だという説と、クリハラリスの亜種とする説がある。)

キジバトの天敵は猛禽類(オオタカやイヌワシなど)ですが、ここではあまり見かけません。そのかわりにもうひとつの天敵である「カラス」は多く見かける。
ハトの仲間は特に繁殖期といったものはなく、雛を育てる親鳥がエサを食べられる環境にありさえすれば、一年中繁殖は可能なのだという。
とはいえ、やはりエサ(果実や種子、虫やミミズなど)の少なくなった冬の時期に繁殖行動をとることは珍しく、一般的な野鳥と同じように春から秋にかけての繁殖が多いようだ。

お米やマメ類も大好物ですから農家の人にとっては当然「害鳥」ということになる。

FBで見つけたモトグッチ11スポルトのカフェレーサー … Bike・Cafe Racers2018/01/09

Moto Guzzi Cafe Racer
- -
FBでシェアしているBike関係の写真の中で見つけた11スポルトのカフェレーサーカスタム。「CAFE RACE」のFBより転載 CAFE RACER 🏁

11スポルトのエンジン/ミッション/ファイナルケースにはあまり手を加えてはいないが、シート周りのフレームはそっくり変えてある。
右側通行の国(ヨーロッパ?)だろうか、セパレートハンドルエンドのミラーは左側だけに取付けられている。
前回投稿のものはシルバーで統一してあったが、これはタンクもシートフレームもフロントフェンダーを黒でまとめ、大人のカフェレーサーに仕上がっている。

これはこれですごく良い!

遅くなってしまったが、年賀状 … 長尾企画工房 一級建築士事務所2018/01/08

2018年賀状
- -
遅くなってしまったが、今年の年賀状をUP

まあ、毎年変わりばえせずに写真だけ前年に行ったところのものに差し替えている。
昨年行ったnepalとborneoの写真だ。

酒匂川沿いで行なわれた冬鳥の観察会 … 自然観察・WanderVogel2018/01/06

ナンキンハゼの実
- -
今日は一日、酒匂川(神奈川県西丹沢から相模湾に流れ込む二級河川)河畔を歩き、冬鳥の観察会に参加してきた。

空は昨日と打って変わって良く晴れて、丹沢山系から箱根方面の山々、富士山までクリアに見通すことが出来た。
陽射しを浴びながら河原沿いに酒匂川河口まで下ってくると、少し汗ばむくらいだ。
絶好の冬鳥観察日和であった。

冬の水鳥を中心に40種以上の野鳥を観察することが出来、とても充実した観察会だった。
夏の野鳥観察がめっぽう苦手な僕にとって、この時期の冬の野鳥観察は毎年楽しみにしている催しのひとつ。
野鳥を見ながら、冬芽や枯れた実の観察も楽しいものだ。

写真は酒匂川河畔に植えられたナンキンハゼの弾けた実。

アクセスカウンター