横浜市省エネ住宅相談員更新講習会 … 建築の講習・建築2014/12/01

横浜市開港記念館
- -
横浜市省エネ住宅相談員というのをやっていたりするのだが、今日はその更新の講習会に参加してきました。

会場は横浜市開港記念館(写真)の1階のホールで行なわれた。
ここの開港記念館は士会の集まりや神奈川県ヘリテージマネージャーの講義・集会などでよく使われる場所なので、大変馴染みのある場所です。

横浜市開港記念会館は、もともと横浜開港50周年を記念して市民の寄付金により大正6(1917)年に公会堂としてレンガ造で造られた建物です。
(今は耐震補強などが施され、一部にRC造、SRC造の部分がありますけど)

横浜の代表的建造物の一つとして今でも中区の公会堂・ホールとして使われていて、多くの横浜市民に親しまれています。
また、角にそびえる時計塔が大きな特徴で、「ジャックの塔」の名前で親しまれています。この塔は関東大震災でもかろうじて倒壊せず残った貴重なものです。
(と、会場となった建物の自慢話はどうでも良いのですが、、)


横浜市省エネ住宅相談員というのは、横浜市独自の制度で、主に横浜市内の住宅の省エネ化を促進するため、一般市民の相談に乗ったり総合的な助言を行なったりする建築省エネの専門家ということです。

日頃している仕事のひとつである(住宅の)第三者監理業務は、新築住宅に対しての監理・検査・助言などが主ですが、この省エネ相談員の役割は主に木造住宅(軸組工法や2×4工法など)の省エネリフォームに対する相談・助言が多いようです。

どちらも相通じるところはたくさんありますから、そのへんは僕は区分けせずに考えてやっていますけどね。

省エネ住宅相談員は市の名簿に登録され、横浜市のHPで一般公開し市民に広く周知していく、ということですが、ほんとに広く周知されているかどうかは僕には解らない。

胴縁などの通気層を使わない「通気ラス」施工 … 第三者監理・検査2012/11/01

通気ラスの施工
- -
胴縁などで通気層を作らないで外壁モルタル塗りをする施工の下地(通気ラス)検査に行ってきました。

通常の外壁塗り壁仕上げは、最近の傾向としては面倒でも透湿防水シートの上に胴縁を打って通気層を取ってあげて、その上にラス板・防水紙(アスファルトフェルト)・ラス網を再度施工してモルタルを塗っていく、という施工をすることが多くなってきました。
「塗り壁にも通気層」という考え方の無かった一昔前に比べると、たしかに重装備な仕様になっています。

そこで、その“面倒”な通気層+ラス網モルタルという二重の施工を1回で済ませてしまう「通気ラス網」なる製品を最近目にすることがあります。

ラス網の裏側に金属製の胴縁のようなものが付いていて、それがスペーサーとなり通気を取るように工夫されているものや、写真のようにラス網の下に通気性のある多孔質のスチレンペーパーのようなシートが点付け接着されているものなどなど、数種類の製品を見ることが出来ます。

この現場ではラス網下に通気性シートが付いているものを使用して施工されていました。
どのような製品を使おうと設計上の配慮や施工上の不具合によって通気が取れないのはマズいですから、通気の入口とルート、出口の3つのポイントをしっかりと確認していくことが大切です。

検査時の施工では、下から入ってきた(入ってくるであろう)通気が上部の軒天付近で止まっていましたので、同じく通気効果を持たせた見切り縁を回してなおかつ軒天ボードとの間に12mm程度の隙間(通気の出口)を設けて取付けるように是正指示を出し施工し直しました。
この商品自体に販売元が言うようなカタログ値(15mmの通気層を確保する能力があるとカタログではうたっている)の通気性能があるのかどうかは僕には判断つきませんが、少なくとも設計者はその裏付けくらいは取るようにした方が良いでしょうね。

ラス網下に通気層を取るということは言い換えれば、モルタル壁の接着が硬質な(板とかの)下地に依存していなくて、ラス網だけに接着されていてその下の層が中空の隙間になっている、ということでしょうから何となく不安定さが付きまとうが、考え過ぎなのだろうか?

ラス網の施工 :http://hd2s-ngo.asablo.jp/blog/2012/10/04/
通気ラス板施工:http://hd2s-ngo.asablo.jp/blog/2012/09/15/

外壁モルタル塗り・ファイバーメッシュ伏せ込み … 第三者監理・検査2012/10/22

ファイバーメッシュ+モルタル塗り
- -
外壁面のモルタル塗り施工で行なわれるファイバーメッシュの伏せ込み作業の立合い/検査です。

モルタル塗りの場合は必ずこの作業をしないと行けないということもないのですが、大きな塗装面を作る時にはクラック防止のために下塗りと中塗りの間にこのガラス繊維で作られたグラスファイバーメッシュを塗りこんでおくのは効果があります。

その際には、下塗りしたモルタルが乾いたあとに行なう中塗りを塗った直後にその上からファイバーメッシュを当てて、上からシゴくように鏝(コテ)を当てていきます。

この作業はメッシュの上からモルタルを塗るのではなく、メッシュの目から下に塗ったモルタルが上がってくるようにしごいていきます。

基本的にファイバーメッシュは外壁全面に伏せ込みますが、建物のコーナー部や窓サッシの角などには、さらに補強の意味でもう1枚当ててあげるとなお効果的ですね。


モルタル下地のラス網張り施工 … 第三者監理・検査2012/10/04

ラス網下地施工
- -
今日は外壁モルタル塗り下地、防水シート張りとラス網施工検査です。

ラス網下の防水シート(アスファルトフェルト 430)下には、ラス板という下地板が横張りされています。ラス板の下が外壁の通気層になります。

検査のチェックポイントは(防水シートも同様ですが)シワやたるみ、曲がり、端部の隙間などキタナイ張り方になっていないかが一番重要なポイントですが、特に注意すべき点がいくつかあります。
まず、ラス網同士の重ねが3マス以上重ねられているか、ラス網を留めるステイプラーがしっかりと打留められているか、外壁コーナー部でラス網を継いでいないかなどを確認していきます。

次に、ドアや窓などの各コーナー部にクラック防止用にラス網を増し張りしているか、クラックの起き易い形状の部分にも同様にラス網を増し張りしているなどクラック防止のチェックをしていきます。

軒裏を木の板で仕上げる場合についての注意点ですが、木材の乾燥によって収縮し易い箇所はモルタルとの間でどうしても隙間が出来てしまいます。
またモルタルの水分を木の板が吸い上げてムラが出来たり、モルタルのアクなどで汚れてしまう恐れもあります。

軒裏などではモルタルと軒天仕上げ材の接点にチリを付けて(5mm程度の隙間)、あらかじめ縁を切っておいて、あとでシーリングを施すときれいに納まります。

ラス板下地施工:http://hd2s-ngo.asablo.jp/blog/2012/09/15/

防水処理のちょっとした心づかい … 第三者監理・検査2012/09/28

外壁防水処理
- -
外壁サイディング張りの木造住宅ではよく見られる、透湿防水紙張りです。

家のプランニングをしていて、1階が2階よりも引っ込んでいる(いわゆるオーバーハング)状態のレイアウトになるケースも多いかと思いますが、庇状に出ている2階部分の「出寸法」が少ない場合は防水下地処理に少し工夫が必要です。

オーバーハングした軒下の天井と外壁の合わさる部分に雨が吹込むことがありますから、写真のようにそこには透湿防水紙の上からアスファルトフェルト(黒く張られているもの)を張り増してあげると安心です。

一般的に、玄関ポーチなどもこういう状態になることが多いので、ほんのちょっとした気遣いですから、その時に指摘してあげれば簡単に施工が出来ます。
(通気工法の場合は、外壁通気がうまく軒天内に流れ込むように通気ルートを確保してあげることを忘れずに)


窓下には写真のように先張りシート(ここの場合はアスファルトフェルトを張っています)をサッシを嵌め込む前に挟み込んで、透湿防水紙と組み合わせます。
窓サッシ下の先張りシートの施工については、何種類か施工方法がありますので注意が必要ですが、基本は水の流れや防水/止水に不具合が起きない施工方法・施工要領を確認することです。

ここでは窓サッシ上縁と両サイドに止水コーキングを打っていますが、両面ブチルテープなどを使用すればこれは不要です。


外壁通気工法+モルタル塗り壁下地のつくり方 … 第三者監理・検査2012/09/15

通気工法+塗り壁下地
- -
外壁通気工法の上にモルタル塗り壁を仕上げる場合の施工方法。

湿式のモルタル塗りで外壁を仕上げる場合でも、外壁面には通気層を設けるのが今では常識化しつつあります。

一昔前までは、軸組の上に直にアスファルトフェルトを張り、ラス網あるいはラスボードを張ってモルタル塗りをしていましたが、建物の耐久性を考えると一見 重装備にはなりますがやはり写真のように一旦通気層をつくる方が安心です。

通常の透湿防水紙による防水+通気胴縁を縦張りして通気層(12mm〜15mm)を作ってやり、その縦胴縁にラス板(80mm幅×15mm厚)を15mmの隙間を取って横張りに打込みます。
その上にアスファルトフェルトを張ることで二重の防水層をつくり、そこにラス網(メタルラス・ワイヤラス)を張ってモルタル塗りを行なう。

時々、このアスファルトフェルトの替わりに透湿防水紙を張る左官屋さんがいますが、ラス網を取付けるのが釘ではなくステイプラー(針の長いホチキス)だとしても、針の貫通部の止水性能を考えるとフェルトを下地に使う方が正しいと言えます。

ここまでしておけば、漏水に対するリスクもグッと減りますし、湿式外壁仕上げの際の壁内結露の心配も少なくなります。


健康/環境配慮型の防腐/防蟻剤の塗布 … 第三者監理・検査2012/08/28

健康/環境配慮型の防腐防蟻剤
- -
木造住宅で使われる防蟻剤は、一時期と比べるとアレルギーなどの影響が少ない(揮発性ではない)薬剤が使われてきてはいますが、それでも薬品類に敏感な方にはほんのちょっとした刺激でも辛いと言います。

学会の標準仕様書でも瑕疵担保保険の技術指針でも、使用する樹種(ヒノキやヒバなど)を選ばない限り、地盤面から1mの範囲の外周部には防腐/防蟻剤の塗布を義務づけています。

軸組工法の場合ですと、そういった方法(樹種を選ぶ)で極力薬剤散布の量を減らすことも出来ますが、2×4工法や構造用合板に耐力的に頼った設計をしている住宅などでは、どうしても何らかの防蟻剤/薬剤を使用することになります。

ここで使われているものは、そういった室内環境に配慮した、化学物質を含まない「防腐/防臭/防蟻剤」で塗装されています。
木炭を主原料とした、活性化木炭水性塗料「スーパーカーボンコート」です。


屋根外張り断熱施工の検査 … 第三者監理・検査2012/08/25

屋根外張り断熱施工
- -
屋根野地板の外側(上側)に断熱材を張り込む、いわゆる外張り断熱工法の施工検査です。

横垂木に900mmピッチに入っている凹み状のものは、断熱材上の通気層に入れた切り込み加工です。

外壁を登ってきた通気が断熱上に流れ込み、断熱材とこの上に張られる構造用合板との間の空間(15mmの隙間)を棟に向かって流れて行く、という通気ルートはこの施工時期でなければ目視確認出来ません。
この検査/確認は、非常に重要かつ大切なものなのですが、タイミングを逃すと見えなくなってしまうので注意が必要です。

現場の状況に合わせた理にかなった設計と施工がなされているかの確認/チェックは、図面だけでなく現場での検査が最終的にものを言います。

ここでいい加減な施工をされてしまうと、断熱も通気も設計時に考えていたような性能を充分に発揮出来ず、断熱欠損を起こしたり屋根下の結露を引き起こしたりと、不具合が発生してきてしまいます。


木造住宅外壁通気胴縁施工検査 … 第三者監理・検査2012/06/26

外壁通気胴縁検査
- -
木造住宅の外壁通気胴縁施工検査です。

今の木造住宅では、軸組工法であろうと2×4工法であろうと雨漏りや壁内結露を防ぐ上で、この外壁通気層の施工は欠かせない工法となっています。
外壁を塗り壁とする時にでもこの工法で通気をとった上で塗り壁の下地組みをする施工会社も増えてきています。

外壁通気の考え方は単純明快なものなので、原理原則を頭に入れて施工/監督すれば問題は起きないのですが、この単純な仕組みでも時に全然ダメな施工を目にすることがあります。

原理は簡単で、土台下から入った空気が、胴縁(12mm厚〜15mm厚)の隙間を上に向かって登っていき、軒裏に流れて一部は軒天の換気口から外部に吐き出され、一部は小屋裏(あるいは屋根下)に入り、屋根の棟換気口から外部に排出される、というものです。
ですので、施工上の注意点としてはその空気(通気)の流れ(空気の圧力差)を妨げることが無いような施工を心掛ければ良い、ということになります。


ここのBlogでも外壁通気については何度も書いていますが、なぜか全ての現場で「問題無し」とは言えない状況が未だに続いています。
問題の起きる箇所はだいたい決まっていて、窓周り、バルコニー手摺上端、軒天・屋根下通気の3点が要注意個所と言えます。

一見するときちんと通気が取れているように見える施工でも、細部を良く確認してみると肝心なところがふさがっていて全然通気がなっていない、なんてこともたびたび目にします。

そういった不具合を発見するとすぐに是正の指示を出して治させますが、なかにはそこまで造り込んではじめて 設計上の不具合に気がつく現場もあります。そうなってくるとなかなか厄介で、設計者や現場監督を現場に呼んで対応を話し合うことになりますが、100%完璧な是正は出来ませんのでその状況で出来る限りの方策をとっていくことになります。

それでも治さないよりは何倍も不具合のリスクは少なくなります。

以前のBlog:http://hd2s-ngo.asablo.jp/blog/2012/04/21/

外壁通気胴縁・横胴縁施工のチェックポイント … 第三者監理・検査2012/04/21

外壁横胴縁下地
- -
外壁のサイディングの張り方(方向)が縦張りの場合には、下地となる胴縁は当然横張りになります。

下地となる胴縁は通気胴縁も兼ねますので、施工の際には外壁通気を妨げないような配慮がなされていなければいけません。

胴縁が縦に張られる場合(縦胴縁)には、空気の流れは割とスムーズにいきますので、開口部周りと軒天井あたりの施工で間違いがない限り、問題は少ないのですが、胴縁を横に張る横胴縁の場合は外壁面の全体をよく眺め、通気を妨げている箇所がないかを施工者自身が把握しながら、丁寧に作業を進めなければいけません。

横胴縁の継ぎ手は「木造住宅工事仕様書(住宅金融支援機構)」などで、1,800mm程度に1カ所30mm程度の隙間を取り、最上部(軒天部)や最下部(土台部分)の胴縁は1,200mmごとに100mm程度の隙間を設けること。とされています。
ただし、実際の施工ではそれ以下の胴縁間隔で(通気のための隙間をもっと作って)施工して欲しいという思いはあります。


外壁通気工法は外壁が太陽熱で温められることで、通気層内部の空気を動かす仕組みですので、そのことをイメージしながら施工することが大切です。
外壁下から入ってきた空気がスムーズに上方向に抜けていき、軒天換気口あるいは棟換気スリットから出て行くという通気ルートをしっかりと確保していなければいけません。

では、外壁通気がうまく機能しないとどうなるのでしょうか?
弊害のひとつは家全体の断熱性能が落ちることになります。外壁面の湿度調整も出来ませんし、さらに悪い条件が重なると「壁内結露」を引き起こしやすくなります。
どちらの弊害も竣工後、気が付かないうちに進行していきますので、分かってからでは根本的な解決がなかなか出来ないので非常に厄介です。

また、通気施工は防水施工とも密接に関係していますので、その両方の機能を満たすように施工をすることも重要なことです。
(胴縁の下に張られている透過防水シートは外壁面の防水の最後の砦ですので、出来れば胴縁は縦胴縁の方が防水シート上を水が流れる事態が起きても安心出来るのですけどね。)

以前のBlog:http://hd2s-ngo.asablo.jp/blog/2012/01/29/


無料カウンター