かなり存在感のあるヒマラヤスギの大きな毬果 … 自然観察・WanderVogel2017/07/03

ヒマラヤスギの毬果
- -
立派な松ぼっくりです。ヒマラヤスギの毬果です。

名前にある通り、ヒマラヤ山脈がその原産地で、もともとは標高1,500mから3,200mの高地に生えていました。
日本の山地や公園などで見かけるものは、もとから自生していたわけではなく、明治時代以降に輸入され各地で人為的に植えられたものです。
寒さ,暑さにある程度適応力があるのでしょう、日本でも標高の低い大きな都市公園などでもその姿を見ることが出来ます。

この時期(夏期)に、枝の上に握りこぶし大の樽型の毬果がぴょこぴょこと飛び出ているのを見かけます。
雌雄同株、雌雄異花と図鑑などでは記載がありますが、実際に実物を見ていると、たくさん毬果の付いている木(個体)がある反面、まったく毬果が付いていない木(個体)も見かけるので、何となく雌雄異株なのかと思ってしまいますが、どうもそうでは無いようです。

公園などに園芸樹木として植林されているヒマラヤスギの下を歩くと、足元に散けた松ぼっくりの鱗片に混じって、たくさんの枯れた細長い松かさが落ちているのに気が付きます。
昨年秋に花粉を振り撒いて枯れて落ちた、雄花の残骸です。


写真の毬果表面に見える透明なしずくのようなものは、雨水が垂れた跡などではなく、中から染み出してきた「松ヤニ」です。
不用意に触ると手が超ベトベトになります。
服やズボンに付くと簡単には落とせませんので、後始末が大変なことになります。
ヒマラヤスギには独特の香りがあって、香料などにも利用されると言います。また、強い香りにはリラックス効果があると共に、防虫効果もあるようです。

ヒマラヤスギはスギ(杉)という名前が付けられていますが、れっきとしたマツ科ヒマラヤスギ属の「松」です。
ちなみにスギは、ヒノキ科スギ亜科に属する樹木・杉ですので、科が違うということが解ります。


30年以上前に、インドの北、ジャンム・カシミール州のシュリーナガルというインド・ムガール時代から続く避暑地を旅したことがあります。
そん時、ダル湖という一面ハスに覆われた湖に浮かぶ「ボートハウス」に何泊かしたのだが、その水上家屋の建築材料がヒマラヤスギであった、ということを何年も後になって知った。
ヒマラヤスギはマツ科であることからも耐久性や耐水性に優れ、腐りにくいという性質を持っています。
カシミール地方のヒマラヤ山岳部では普通に自生している樹木ということもあって昔からたくさん産出され、使われてきた木材です。
シュリーナガル周辺のヒンドゥ寺院、木造のイスラム建築やその造園などで多く使われていたことが記録にも残っているようです。

パキスタンとインドでは、イギリス領時代にバラックや公共施設、橋、運河や鉄道車両などに広く用いられた、という記録も残っていると言います。

タマネギのアチャール(インド版ピクルス) … 畑の収穫・WanderVogel2017/06/18

タマネギのアチャール
- -
先日、畑からたくさんのタマネギを収穫してきたので、保存食としてタマネギのアチャール(インド版ピクルス)を作り置きします。

インドやネパールで食べるカレーには必ずと言って良いほど付け合せで出てくるタマネギのアチャール。
カレーやダルバートには、メインのカレー(ダル、タルカリ)のほかに、サブジーあるいはサーグと呼ばれる青菜炒めとアチャール(ピクルス)が欠かせない。
アチャールは別にタマネギだけというわけではなく、その季節の野菜を使って作られるのだが、やはりタマネギが一番多いように思う。


作り方はかなり自己流にアレンジしていて、すごく簡単です。
まずはタマネギを3個ほど適当に切り、ボールに水を張って晒しておきます。
その間にスパイスの準備をします。
使うスパイスは、チリパウダー(唐辛子、食塩、クミンパウダー、オレガノ、ガーリックパウダーがグレンドされているスパイス)、カルダモン(ホール)、コリアンダー(ホール)、クミン(ホール)、鷹の爪、(クローブも入れたかったのですが、手持ちが無かったので今回はパス)
その他に、ニンニク、ショウガ、オリーブオイル、塩・コショウ、レモン1個、彩りのためのパプリカを1個

水に晒したタマネギにザルにあけて塩をふって少し揉み、水分を出しておきます。

フライパンにオリーブオイルを入れ、熱くなったところにカルダモン(ホール)、コリアンダー(ホール)をひとつまみづつ入れて香りを出します。
香りが立ってきたところにクミン(ホール)ひとつまみ、鷹の爪(1本)を入れます。クミンと鷹の爪は焦げやすいので要注意。

水気を切ったタマネギをボールに移し、ショウガ千切りとニンニクをすり下ろして入れ、パプリカをタマネギと同じように切って入れます。
その上からチリパウダーを大さじ2杯かけ回して、上記の熱したオリーブオイル+スパイスをジュっとかけます。
手で揉みほぐして、スパイスとタマネギを馴染ませていきます。(手に強烈な臭いが移るので、ビニール袋を手に嵌めて使います。)
僕はジラ(クミン)の香りが好きなので、炒めたもののほかに生のものも加えます。
最後にレモン1個を絞って完成です。

常温で一晩置き、翌日密閉容器に移して冷蔵庫へ。
食べ頃は味が馴染んできた1~2日後ぐらいからがベスト。

今日は昼過ぎから一時 金沢八景では豪雨となり、久しぶりのまとまった雨で、畑にとっては恵みの雨になったな。

ラダックやチベットで使われていたギイの壷 … 手仕事・Workshop2017/06/17

ギイの壷
- -
ラダックやチベットで使われていたギイの入っていた木の壷

久しぶりに棚を覗いてみると、ちょっとカビていたので、軽く拭いて風を通してあげた。

ギイ(ghee)はインドやネパール、チベットなど南西アジアの地域で良く使われる油(発酵バター)で、インドでは水牛やヤギの乳から作られ、チベット圏ではヤクなどの牛の乳で作られます。
世界各地で同じような油(バター)は使われていると言われていますが、彼の国々では三食の食事に絶対に欠かせない重要な調理材料のひとつです。
ギイが無ければ本格的なインドカレーもダルバートもチベット料理も作れない、といっても過言ではないでしょう。


チベット族の住む地域というのは、だいたいどこも標高3,000m以上の山あいの地です。
高地ですので、外を普通に歩くだけでもかなり強い紫外線を浴びることになります。
これは何も旅人(トレッカー)だけの話しではなく、現地の若い女性たちも紫外線対策(日焼け対策)にはかなり気を使っています。
特に、顔の中で一番陽の当たる部分(目の下の頬骨のあたり)が一番ひどく日焼け(紫外線焼け)を起こします。

今から30年以上前、ネパールヒマラヤ、チベット、ラダック・ザンスカール、北インドのヒマーチャル・プラデーシュなどチベット族とその末裔の住み暮らす地域を何ヶ月もかけて巡ったことがあるのだが、若いチベット族の女性たちは顔の頬骨のあたりがみな日焼けしていたのを思い出します。
(失礼ながら、ある年齢から上の女性は顔全体がたっぷりと日焼けしてしまっているので、あまり気にならなく(目立たなく)なっている。)

その症状は、「日焼け」というよりは「火傷」といったほうは正しいかもしれない。その日焼けした肌が痛いからなのか、ギイ油を(火傷対策で)顔全体に塗っているため、余計に肌がガビガビになってしまって、きれいな顔立ちをしている女の子でもそれではまったく台無しだよなぁ、と強く思ったものです。


そんな思い出深い「ギイ」の入っていた木の壷がこれです。
入手してから数年間は、どんなに大量の消臭剤を放り込もうが、強い洗剤で洗おうが、ギイの臭いと油分が抜けることはありませんでした。
それから30数年経ち、幸いギイの臭いは抜けましたが、油でテカテカと艶かしく光っていた壷の表面は油の抜けた色気の無い表情になってしまいました。

果たしてどっちが良かったのか、、、

森の中でCsárdás(Monti)を弾く少女 … art・Classical music2017/05/31

Csárdás Monti
- -
you tubeを聴いている。
(5/6 の Chantal Chamberland の続き)

ナンシー・ウェッブ Nancy Webbの弾くVittorio Monti の「Csárdás (Czardas)」
https://www.youtube.com/watch?v=IPYHy8k9Z34

--- Credits ---

Violin - Nancy Webb

Piano, Audio/Video/Editing - Liam Webb

Audio, Roadie, Movement Coach - Nathan Webb

Roadie, BTS Camera - Peter Webb

you tubeのクレジットを見ると、写真の可愛らしい少女(Nancy Webb)本人が弾いているようです。また、その他すべてにWebb姓がずらりと並んでいるところを見ると、ファミリーで制作しているのだろう。
正確なプロフィールはよく解らないが、静かな森の中で一人チャールダーシュを弾くジプシーっぽい少女の姿・表情は、その音色、その楽曲と相まってなんともしみじみと聴かせてくれます。
おーっ?、もしかしてこれが「森ガール」ってことなのか! と、変に納得してしまった。

僕自身これまで相当あちこち辺境ばかりを旅してきたが、残念ながら森の中で「ジプシーの少女」に出会ったことは無い。
でも、、旅先で可愛らしい少女に出会ったことがなくはないぞ。

今から35年も昔のことになるが、インドの北、ラダック・ザンスカールの都「レー」で十数日間泊ったラダック民家の宿にいた下働きの少女。
ニャンドールという名の幼さの残る少女だったな。

早朝、痩せたロバの背に水かめを2つ括り付けて、町外れの水汲み場に出かけて行き、毎朝水汲みをしていたのを思い出す。思い出は常に美化されるものだ。

ネイチャーガイド・世界の樹木 TREES … 自然観察・WanderVogel2017/05/04

世界の樹木 trees
- -
ヒマラヤの山に生えている樹木が載っている、ハンディタイプのガイドブックがないものかとずっと探していましたが、昨日良さそうなものを横浜有隣堂で見つけたので買って来ました。

大きさ自体は手頃(ハンディタイプ?)なのですが、352ページもあるのでけっこう厚みのある重たいガイドブックです。
今年4月1日初版の本ですので、科や属の区分け(APGⅢ分類体系)も最新版になっています。
「世界の…」とあるように、ヒマラヤ周辺に限定したものではないのですが、ネパールの植生は高地のヒマラヤ山脈からインド亜大陸の温帯・亜熱帯地方まで広範囲に広がっているので、けっこう役立ちそうです。
また、見ているだけでもとても楽しい本です。

樹木だけで500種以上が解説されていますが、特に、針葉樹だけで100種以上載っているので、見応えがあります。
昨年暮れにヒマラヤ山中を歩いた時には、netで集めた資料を樹木ガイドとして出力して持っていったのですが、net調べでもやはりヒマラヤ方面の樹木ガイド(高山植物や花は資料が多いのですが)には限界がありましたので、次回行く時にはこの本を持っていこう。


手始めに、昨年撮り溜めたヒマラヤの樹木の写真と見比べてみることにしょう。
現地でも、また、帰って来てからでも、見て来た樹木が何であるのか解らないままになっているのは何とも気持ちの悪いものです。
山の名前は何とか解るのですが、樹木や草花の場合、特徴が顕著なものは良しとしても、それ以外のこれといってあまり特徴のない樹木などは、その名前を特定するのは僕にとってはほんとに難題です。

あとから調べようと思っても、何か手がかりがないことにはなかなかやっかいなもので、結局いくつかの樹木は解らずじまいになっていました。
このゴールデンウィーク連休中、時間を掛けて読み込んでみましょう。


で、今日はそんなことよりも、これからグリーンファーム(種苗屋さん)に行って、夏野菜の苗を買ってこなくてはいけません。
明日にでも畑に植えておかなきゃなぁ、と考えています。
(週末は雨っぽいから、ちょうど良さそうです。)
なんだか少しせわしないけど、有意義なGWの過ごし方?になりそうです。


「世界の樹木 TREES」
出版社:化学同人、2017年4月1日 第1版、文:トニー・ラッセル、訳者:後藤真理子、¥2,800+TAX

NEPAL Trekking・植物編のMovieをUPしました … 山歩き・WanderVogel2017/02/25

マニ塚と藁を運ぶ牛
- -
もうひとつ、ネパールトレッキングの植物編のMovieを作ってみました。
植物編ということで、森林限界以下の風景や旅先の様子を短く簡単にまとめています。
また、カトマンズ・タメルの町中の様子も、地震前と地震後の写真・Movieを織り交ぜて編集してみました。
興味があれば、覗いてみてください。

URL:https://youtu.be/IBmIwYMmI_A
URL:https://youtu.be/vz5_6bXGVp8

NEPALのMovieを再編集してUPしてみました … 山歩き・WanderVogel2017/02/24

SURYA KUNDA
- -
昨日書いたように、昨年暮れのネパールトレッキングのMovieを再編集してみたので、再度YouTubeにUPしました。
今度は音楽付きですよ。

URL: https://youtu.be/ONu-A5NQ9xE

Sinn UX EZM2・オーバーホール完了です … 山の装備品・WanderVogel2017/02/18

Sinn UX EZM2、オーバーホール
- -
昨年10月に修理に出したSinn(UX EZM2)の時計が、オーバーホールを終えて4ヶ月ぶりに戻ってきました。

ドイツ本国送りになっていたので、時間が掛かってしまったが、やっと戻ってきました。
次回のオーバーホールは10年後です。
(って、きっと僕はすでに生きてないよ、、、短命な家系ですから、、、)

オーバーホールと共に、文字盤と充填オイルを新しいものに取り替えてくれたので、見違えるようにきれいになりました。
でも、新たにベルト部分の一部に亀裂が入っていて、その部分(シリコン樹脂のベルトだけなのに)を交換すると2万円も掛かるというので、ちょっと落ち込んでます。(10年も使っていると、こういう箇所は痛んできますね。)

写真、右上の小さなカメラは先日買ったGoPro5です。
山歩きや渓流釣りのmovie撮影にどうかなと思って買ってしまった。オモチャっぽい作りですが、使い方次第では面白いのかも。

NEPALのMovieをUPしてみました … 山歩き・WanderVogel2017/02/14

ネパール・ランタンリルン
- -
昨年暮れのネパールトレッキングのMovieをYouTubeにTest UPしてみました。
手ぶれがあって見にくいけれども。
URL: https://youtu.be/j2214-Q8iwY

20161201の Nepal trekking laurebinayakからのヒマラヤの景色
左から右に、ヒマルチュリ、マナスル、ガネッシュヒマール、チベットレンジ、そして、ランタンⅡと、ランタンリルン

ネパールトレッキング・道端に群生していたアカネ … Nepal Trekking・WanderVogel2017/01/12

ネパールのアカネ
- -
昨年末のネパールヒマラヤのトレッキング中に、トゥマン村(2,340m)の畑脇に群生していたアカネ(茜)とその黒い実(液果)

染色で使う「あかね色」のアカネ(ツル性多年草)です。
インドに近いのでインドアカネかと思いきや、日本の山でよく見かけるアカネと同じものでした。セイヨウアカネとも違います。
(アカネも種類が多いので、アカネの仲間、と言っておいた方が良いのかもしれませんが、このアカネを見る限り同じ気がします。)

日本の里山で良く見るアカネは、葉(2枚の対生)が同じ形状の托葉(2枚)と合わせて4枚の輪生を作っていますが、先端部の花(集散花序)の咲くあたりでは2枚の対生になることがあります。ですので、ちょうどこの写真のような感じになっています。
茎も同様に四角くて細かい棘がびっしりと付いています。茎が少し茶色くなっているのが違いと言えば違いかな。

アカネの根は、新しいうちは橙色で、乾かすと茜色(赤根色、赤に近い橙色)に変わります。名前はその色からついたようです。
根を染色に用いて「茜染め」と言って、その色で染めた布は、昔の女の人の腰巻きなどにも使われていたといいます。

ネパールでは昔から自然染色(草木染め)が盛んで、このアカネをはじめ、クルミ、ザクロ、アカシア、インド藍、ラックカイガラムシ(コチニール)などさまざまな染料を使って布を染めています。


ちなみに、自宅で使っているカーテンは、全てネパールの手紡ぎ糸をヒマラヤ木五倍子で染めたものにしているのですが、やさしい風合いで落ち着きます。

無料カウンター