ネパールの山での食事・ダルバート … Nepal Trekking・WanderVogel2016/12/06

ネパールの定食・ダルバート
- -
ネパールでのトレッキング中の食事はダルバート(あるいは、ダルバート・タルカリとも言います)が主食です。

ダルバートはいわゆる「定食」で、ダルとは豆(ダル)スープのことで、バートとはご飯のことです。
ダルはカトマンズや街道の食堂ではレンズ豆を使うことが多いようですが、山に入るといろいろな豆で作られます。ですので、味もさまざまです。
日本で言うところの「みそ汁」にあたります。

ご飯は長粒米で、一時日本でもあちこちで目にした「タイ米」のようなお米を使います。
青菜のような付け合わせは「サーグ」と呼ばれるもので、ここではイラクサの新芽の炒め物でした。
イラクサは、日本で見るものよりももっとイライラしたトゲがたくさんあるいかにも危険そうな雑草です。道端や畑脇にいっぱい生えています。
よく見ると上の柔らかな部分はみな刈られていますので、これがほぼ日常的に使われていることが解ります。

お皿の右半分に乗っているのは、ジャガイモとニンジンとウリを煮たものです。「タルカリ」と呼ばれるもので、いわゆる「おかず」に当たります。
ちょっと気の効いたバッティ(食堂・宿)ですと、これに肉料理(鶏肉やマトンの肉を煮たもの)が一品付くこともあります。
アチャールと言う「漬け物」が付くこともありますし、薬味としてとうがらしが数本付くこともあります。

山の宿での食事はこのダルバートの他にも、外人トレッカー向けにピザだとかマカロニだとかといった料理名がメニューには書かれていますが、総じて想像していたものとまるでかけ離れたしろものが出て来るので、頼まないほうが無難です。
また、11月末〜12月初めのシーズンオフの期間には、ダルバート以外のものをオーダーするととてつもなく時間が掛かり、ガイドやポーターがダルバートを食べ終わっても、まだ食事にありつけないということになりますので、要注意です。

特に今回のように、シーズン中でもほとんど外国人トレッカーのいない地域を回っていると、この傾向は顕著です。
今回も、村に泊っている外国人は僕一人、というケースが多かったので、ガイドらと同じ「ダルバート」を注文するのが一番無難ということになりました。


ネパールの人は、これを全部混ぜ込んで手で食べます。もちろんガイドたちも当然手で食べています。
僕はあまり一緒くたにして食べるのは苦手なので、ご飯、タルカリ、ダル、サーグ、ご飯、というように日本流の食べ方でスプーンで食べますけど。

ガイドたちは、朝はチャパティとお茶だけですが、お昼と夕食にはこのダルバートを2杯ずつ毎食食べていました。
というか、これ以外食べることはありませんでした。毎日飽きること無くこの繰り返しです。

聞けば、カトマンズの自宅に帰っても食事内容は変わらず、毎日昼と夜はダルバートだそうです。

ヒマラヤの山から戻ってきました … Nepal Trekking・WanderVogel2016/12/05

ゴサインクンドとガネーシュヒマール
- -
今日(12/5)、ヒマラヤの麓・カトマンズから戻ってきました。

強行軍というわけではなかったのですが、行きと帰りの飛行機の乗り継ぎはなかなかハードでした。
ということで、今夜は疲れてしまい、blogを書く気力も無いほどです。
で、写真を一枚。
今回の最高標高点(ラウナビナヤク・パス:4,610m)に行った時に撮った一枚です。
神秘的な湖は、シヴァ神の聖地でもあるゴサインクンドです。

荒涼としたゴツゴツした岩の尾根の向こうには、白く輝く、ガネーシュ・ヒマール、マナスル、ヒマルチュリ、などがくっきりと見えています。
素晴らしい光景が毎日見られました。

ヒマラヤの山を歩いてきます・11/24~12/5 … Nepal Trekking・WanderVogel2016/11/23

ネパールトレッキング
- -
明日(11/24)、ヒマラヤの麓・カトマンズに向けて出発します。
ヒマラヤを歩くのは今回で7回目です。その内、ネパールは4回目になります。

昨年春のネパール大地震の影響でヒマラヤ行きが2年遅れてしましたが、現地もやっと落ち着いてきたということなので、ちょいとヒマラヤの裾野を歩いてきます。
写真は大地震前のネパール・ランタン村あたりで撮ったスナップです。
ガイドとポーターを連れて、ひとり旅の最中の1枚ですが、ちょうど濃霧が発生していてあたりは真っ白です。

地震で起きた大規模な山塊崩落(Landslide)の直撃を受けて、この時泊ったランタン村は1軒の家屋も残さず村ごと消滅してしまいました。
周辺では一番大きな村でしたが、一瞬で影も形も無くなってしまったとのことです。地震はほんとうに恐ろしい。

今回行くのはそのランタン村のあった地域の、川(Bhote Koshi River)を挟んだ西側の山麓一帯を中心に歩いてきます。
ここはthamag(タマン族)の人々が多く住む山麓で、独特の文化が残っている地域です。幸いなことに、大地震の影響が比較的少なかった地域だといいます。
トレッキングルートとしてはマイナーな地域なので、のんびりとした素朴で静かな山歩きが楽しめると思います。
今回もまた気楽なひとり旅です。

前回行ったときは天気に恵まれず、あまり見ることが出来なかったランタン・ヒマールやガネーシュ・ヒマールが今回はよく見えるのではないかとすごく期待しています。

旅の後半は、前回も行ったゴサインクンド(4,380m)に再び登ってきます。
ゴサインクンド山脈の上に、こつ然と姿を現す不思議な湖(クンド)があって、シヴァ神の聖地でもあります。ゴサインクンドをはじめ、バイラブクンド、ガネーシュクンドといった神々しい名を持つ岩と氷に囲まれた泉・湖が点在している幻想的で美しい山群です。
そこからは、ガネーシュ・ヒマール越しに遠くマナスルも見通せます。(前回も、朝日に輝くマナスルを見ることができました)


ゴサインクンドに登るころは12月に入っているので、雪も積もっているでしょう。
天候に恵まれれば、その先のスルジェ・クンド(ラウナビナヤク・パス)まで足を伸ばそうと思っています。
峠まで歩くことが出来れば、そこが今回の最高点(4,610m)になります。


山に入っているのは実質8日間なので、海外トレッキングとしては軽めの行程です。
重たい冬靴やアイゼンなどは今回持って行きませんので、天気や雪の状況によって現場で臨機応変に判断します。


今回もカトマンズのタメルにあるトレッキングエージェント「ヒマラヤン・アクティビティーズ」さんにお世話になります。
タイムリーでリアルな現地情報の提供はもちろんのこと、トレッキングパーミションの申請・取得から、信頼のおけるガイド・ポーターの手配まで、面倒なことを親切丁寧に引き受けてくれるので助かります。
ここのおかげで、カトマンズ午後到着の翌日朝5時にトレッキングに出発、なんていう、ほとんど神懸かり的なタイトなスケジュールでもうまくやれそうです。


帰りは12/5(月)になりますので、それまでこのBlogの更新はお休みです。
では、行ってきます。

以前の投稿:http://hd2s-ngo.asablo.jp/blog/2015/11/21/

横浜の運動公園でも、紅葉真っ盛りでした … 自然観察・WanderVogel2016/11/22

モミジバフウの紅葉
- -
今日の仕事(木造住宅の施工検査)、天気が良かったので車で出かけました。

駐車場近くにある大きな運動公園内に、大きなモミジバフウの木が何本か植えられています。
モミジバフウは葉っぱがカエデ(モミジ)に似ていますが、カエデ科ではなく、マンサク科フウ属の樹木です。
漢字で書くと「楓」と書きますので、カエデなのかと思いきやそうではなく、読み方も「楓・フウ」と読みます。
公園内のモミジバフウはみなすっかり紅葉していて、黄色から紅色に移り変わるグラデーションが美しい。

1枚の葉の中にも、緑色(クロロフィル)の部分、黄色い(カロチロイド)部分、オレンジから紅色(アントシアニン)に変わっていく部分、と、色のグラデーションのすべて詰まっているようで見ていて飽きません。
美しく色変わりしていく1枚の葉を記念にもらって帰ります。

濃い青空をバックに、燃えるような紅葉がほんとに美しかったです。

ヒマラヤからの現地報告・タトパニの温泉 … Nepal Trekking・WanderVogel2016/11/21

タマンヘリテイジmap
- -
昨日、カトマンズにあるトレッキングのエージェントからmailが入ってました。

昨年春のネパール大地震の影響で枯渇してしまっていたタトパニ温泉は現段階でも復帰せず、温泉が出ていないとのことでした。
それまでは未確認の情報ではありましたが、温泉が復活したと言う話しが出ていたので、僕の予定したルートでは、ChilimeからTatopaniに寄って温泉を満喫した後にNagthaliに向かうつもりでした。
う~ん、タトパニはまだ復帰ならずでしたか、、、というか、地震で泉脈が変わってしまったのかもしれませんねぇ。


以前、カトマンズの書店で購入した地図(写真)で、Chilime~Tatopani間の途中にあるGonggangという集落の上に温泉マークが記されています。
先日その近くを歩いた別のガイドからの話しでは、どうもそこの温泉はかろうじて入れるようだ、と言うのです。

ですが、昨日のmailの中では「利用は可能なのですが、上から岩が落ちてきそうな非常に危険な場所で、入るのをためらうような感じ」というコメント付きでした。
ただ、現地の人は入っているようだ、とも記されていました。

現地に行ってから現場を見るなり村人に聞くなりして臨機応変に考えよう、と返信しましたが、(雪を見ながらになるのかどうか解りませんが)日本人にとって「旅」と「温泉」は切り離せませんよねぇ、やっぱり。
特に、冬の山旅なんですから、なおさらですよね、、、


Gonggang近くの温泉に立ち寄ったとしても、少しトラバースしてから直登すれば、Tatopani村をショートカットしてNagthaliに入れるので、時間的には余裕がうまれるのではないかとも考えていますが、どうなんだろう? まあ、そのへんは臨機応変に。
しかし何と言っても大きな問題は、お昼ご飯ですよ。。。
そのルートだと、道中、まったく集落もバッティも無さそうです。

食事だけは「出たとこ勝負」とはいきませんからね。お腹が空くと僕は全然動けませんから、、、

また、ネパールでは、紅葉の楽しみはあまりなく、今の季節だと場所によって、ヒマラヤ桜が咲いているのを見ることが出来るかもしれないということですので、植物観察のついでに、それにも期待しています。
 

*ちなみに、Tatopaniという地名は直訳すると「温泉」という意味で、ネパール国内に同じ名の村がいくつもあります。ポカラ西方のダウラギリの裾野を流れるカリガンダキ川沿いにも、コダリ国境近くにも同様の名の村・温泉があります。
ここでいうTatopaniは、カトマンズの北方、チベットの山から流れてくるトリスリ川上流のボテ・コシ川の支流チリメ・コーラ右岸、標高2600mの斜面上に位置する村のことです。

丹沢・森林探訪本番は快晴で気持ち良かったぁ〜 … 自然観察・森林インストラクター2016/11/20

ゲンノショウコの弾けた実
- -
本日(11/20)は、「ヤビツ峠周辺の登山道を歩こう」森林探訪の本番。

昨日は雨が降り、明日も雨予報の中、タイミング良く今日だけは晴れ予報で、しかも快晴!・小春日和で少し汗ばむほどの絶好の山歩き日和となりました。
このところに冷え込みで、この一週間で落葉も進んでしまい、ヤビツ峠周辺では紅葉もすでに終わりをむかえていました。

秦野駅北口のヤビツ峠行きのバス停は朝7時からすでに長蛇の列が出来ていました。
森林探訪の一般参加者の数も70名を越えているので、上手く時間通りにみなヤビツ行きのバスに乗れるのか心配しましたが、増発便が次々に出ていたこともあって、混乱無く集合場所であるヤビツ峠バス停に全員時間通りに集まることが出来ました。ホッとしました。

ヤビツ峠から岳ノ台、菩提峠、再びヤビツ峠に戻り、柏木林道を下って蓑毛まで、暖かな陽射しを浴びながら楽しく山歩きをすることが出来ました。
ヤビツ峠から下ではまだ紅葉が残っていて、かろうじてきれいな紅葉・黄葉を楽しむことが出来て、みなさん満足していました。

今日は最高の晩秋の低山歩きになりました!
さて、次はヒマラヤです。

畑脇の色鮮やかなノブドウ(野葡萄)の実 … 自然観察・WanderVogel2016/11/19

ノブドウの実
- -
昨日の畑仕事、畑脇の木にノブドウが絡み付いています。

あらかた野鳥に食べられているようですが、鮮やかな蒼い実が残っていました。
虫が卵を産み付けた「虫こぶ」なのかもしれません。ノブドウは他のブドウと違って食べることは出来ません。ただ眺めるだけです。
この実を果実酒に利用するような話しも聴きますが、かなりの確率で虫こぶ化しているような気がして、僕はちょっと考えてしまいます。

まあ、マタタビ酒はマタタビの実に寄生した虫こぶを使って造ると言いますから、これもあまり気にしなくても良いのかもしれませんけどね、、、

葉っぱを乾燥させてお茶にすることも聴いたことがありますが、元は民間薬として利用していたといいますから、なにかしら効能があるのでしょう。

ノブドウは、山中というよりは平地・里山の陽当たりのようところでよく見かけます。

今日は玉ねぎの苗を植えました・山上の畑 … 畑仕事・WanderVogel2016/11/18

ヤマノイモのムカゴ
- -
今月2度目の畑仕事、どうしても定期的にきちんと畑に出られないので、いつもヤキモキします。
今日やっと時間を作って、午前中に畑に出て玉ねぎの苗を一列植えてきました。

他の冬野菜(ダイコンやカブ、グリーンピース、長ネギなど)を植えたのが遅かったので、今日は何も収穫するものがありません。
周りの畑は時節をみながらきちんと作業をされているので、すでにダイコンなど収穫時をむかえている野菜もあります。
う~ん、悔しいなぁ。

替わりと言っては何ですが、畑の周りに広がる山に分け入って、ヤマノイモのムカゴ取りを1時間ほどしてきました。
わりと大きめのムカゴがたくさん採れました。野趣があるので人によって好き嫌いはあると思いますが、僕はこれが大好きです。

今日はこれで良しとしましょう!

アワブキの温かそうなミトンのような冬芽 … 自然観察・WanderVogel2016/11/17

アワブキの冬芽
- -
陽の当たる低山の山中で見つけた、温かそうなアワブキのミトン

手を差し出すような形状をしたアワブキの冬芽。
まるで毛糸のミトンを付けているようで、見ただけでも温かそうな感じがします。

冬芽の姿・形、質感も木々によって様々です。

まるで砂糖菓子のような小さなキノコ … 自然観察・WanderVogel2016/11/16

林床の紅いキノコ
- -
「横浜自然観察の森」 雑木林の林床で見つけた小さな赤いキノコ

雨が降ると地中からニョキニョキ出てくるキノコたち。ほとんどは1日~数日間で消滅してしまう、、、不思議なものだ。

子孫を延ばすのに何に依存しているのか、小さいながらも派手な色で盛んにアピールしている。
この色にもあるいは臭いにも、彼らとしては何かしらちゃんとした理由があるのだろう。

それを、キノコに直に聞いてみたいものだ。

無料カウンター