ローコストだから欠陥住宅?ってことはないのだが … 建築監理・第三者監理2017/03/15

サンプル写真
- -
今日(2017年3月15日)の文春オンラインで流れていたニュースのなかで、とても気になる記事がありました。

「ローコスト住宅のハウスメーカー「秀光ビルド」の物件に、建築基準法違反など“欠陥住宅”が続出している」というものです。

「秀光ビルドは1991年に石川県で創業し、北陸から関西、中部、東北へとシェアを拡大。現在までに手掛けた住宅は全国に1万戸弱ある。」ということでしたが、関東地方ではまだそれほど進出してきていないのか、私は監理や施工調査を依頼されたことはまだありません。

記事の中ではさらに、「中堅ハウスメーカーの営業マンが明かす。」として、「秀光ビルドは一棟1000万円を切るようなローコスト住宅が売りですが、現場監督は常に一人で10件程度の案件を抱えて疲弊している。そのうえ、単価が安いため腕のいい大工が確保できずにトラブルが頻発している。施主が支店に怒鳴り込むことも多く、会社側は訴訟になる前に補償金を支払い、クレームを抑えている」などと書かれていますが、、、

前半部分はどの格安住宅メーカー(パワービルダー)もほぼ同じ条件でしょう。
後半部分は、請負金額が低く設定されていれば、腕の良い大工を雇えないのはある意味しょうがないことです。
ローコストであるには、それなりのちゃんとした理由があるのですから。

ですが、腕の良い大工を雇えない=欠陥住宅が出来る、ということは必ずしも言えません。

なぜならば、今のハウスメーカー系の木造住宅の施工現場では、実際に大工さんが腕を振るえるような場面などそうそう無い、と言えるからです。

大工さんの仕事である「木工事」に関して言えば、工場で木材をカットして、組立て順に番号を付けられた部材(プレカット材)をトラックで現場に運び込み、現場で梱包を剥がして、順番通りに組立てていく、という作業が主になってしまっている今の工法では、大工さんの腕の善し悪しはあまり考慮されていません。
裏を返せば、少し訓練を受けた若手の大工さんなら、そつ無く組立ててしまえるのです。
工法自体がそういう風に出来ているからです。


一昔前の大工さん、職人さんの中には、「あの人は、口も態度も悪いのだが、仕事は出来るねぇ!」なんて人も居たのかもしれませんが、今は「口や態度が悪い大工は、絶対に良い仕事は出来ない!」と言えるでしょう。

「腕」に差を求めないとするならば、今のハウスメーカー系の大工さんに求められている素質は、きれい好きで時間を守れて、細かいことにもよく気が付き、他の職方とトラブルを起こさず、むしろ調整役をこなせるようなオールマイティーな職人、ということになります。

ですので、そういう意味での大工さんのランク付け、というのは確かにあります。


その一方で、態度も性格も悪く、怠け癖の付いた無精な職人、というのは現実にはいますし、まったく訓練を受けていない職人(風)のアルバイトが大事な仕事をしている、なんてこともあります。
そういう職人が手がけた現場の検査をしたことが過去ありますが、1カ所・2カ所といった間違いではなく、ほとんど全ての仕事が汚くていい加減で、全てに渡って不適格な施工でした。
本来、そういうものづくりに不適な人が現場に入ってこないように、きちんと現場を管理するのも現場監督の大切な職責なのです。それがコントロール出来ていないと、知らず知らずに不良住宅・欠陥住宅を造ってしまう原因となってしまいます。

現場監督が現場にいないのは、今ではすでに常態化・常識化していますので、それをハウスメーカーに求めても仕方ありません。

であるからこそ、施主自らあるいは施主の目で検査をする第三者監理者による検査体制が今の建設現場には不可欠なんです。

ユジャ・ワンのピアノ・コンチェルトがいい、、 … art・Classical music2017/03/14

コンチェルト
- -
冬の長い夜を過ごすのに、CDを聴く機会が最近少なくなっているように感じる。
替わって、you tubeを聴く(というか観る?)のが多くなっている。まぁ、気軽に聴けるというのが一番の要因なのですけど。

で、ユジャ・ワン(Yuja Wang 王羽佳)のピアノはいい!、というお話し。
僕は、音楽に関しては詳しくないので難しいことはさっぱりわからんのですが、僕にとってはこれぞまさしく魅せる音楽、魅了される演奏というものなんだなぁ。
ピアノの技術の高さ、演奏の素晴らしさはもちろんのこと、演奏している姿そのものがなんともキュートでたまらない。
衣装に関して反則と言う人もいるのかもしれんが、いや!あれでいいんですよ。

youtube上にはたくさんのYuja Wangの演奏VideoがUPされているが、特にコンチェルトが引き込まれます。
なかでも、ラフマニノフとチャイコフスキーはとても良くて、毎日何回も何回も聴いてる(観ている?)くらいですもの。

ガーシュインのRhapsody in Blue(カメラータ・ザルツブルクでの2016年ライブ映像がUPされている) にあっては、演奏も表情もスパンコールの衣装もとても色っぽくてロマンチックで、冬の夜になんとも 酒が進んでしまいます。
有名なピアニストでしょうから、なにを今さら、、という感はあるかもしれんが、クラシックなので許してね。
と、何だか以前にもYuja Wangのことをこのblogで書いたような気もするのだが、表題にもあるように本人の思いつきで気まぐれに書きなぐっているblogなのだから、まぁ良いか。


ちょうど1年後、サントリーホールでニューヨークフィルとのコンサートがあるそうで、すでにチケットの先行予約が始まっているみたいなのだが、S¥30,000 A¥26,000 B¥22,000 C¥16,000 というラインナップでは気軽に行けそうにないなぁ。
でも、チケットはすぐに売り切れてしまうのだろうか、、、

ブラームスのピアノ協奏曲第1番 ニ短調 op.15、ストラヴィンスキーの バレエ「春の祭典」を演奏するというが、聴いてみたいなぁ。
というか、じかに観てみたい。会ってみたいなぁ。

沢沿いでひときわ目を引くヤマルリソウ(山瑠璃草) … 自然観察・WanderVogel2017/03/13

寄沢のヤマルリソウ
- -
丹沢の寄(やどりき)沢の写真をもう1枚。

沢辺りの湿った土地に咲く、ヤマルリソウ(山瑠璃草)の花。
学名:Omphalodes japonica オムファロデス・ジャポニカ
Omphalodes は、ギリシャ語の「omphalos オムファロス(へそ)+ eidos エイドス(形)」というのが語源だと言います。
と言うことは続けて読むと、「日本のへその形」ということ?

へその形というのは、実の形に由来しているとか。

花は良く見るのですが、実の方はまったく記憶にもありません。

で、さっそくnetでググってみると「実」の写真ありました。タコの吸盤のような形のものが4つ固まって付いています。
「なんだこりゃ?」という感じです。
解説によると、4つに分果した果実なのだそうですが、この形たしかに「へそ」見えなくもない。

寄沢で開花していたオニシバリの花(雄花) … 自然観察・WanderVogel2017/03/12

オニシバリの花
- -
丹沢の寄(やどりき)沢の河畔で、ジンチョウゲ科のオニシバリの花が咲いていました。

ジンチョウゲ科の木の樹皮はどれもとても強く粘りがあり、和紙やお札などの原料として昔から使われています。
これは、何も日本だけに限ったことではなく、中国南部からヒマラヤ地方(ネパールやインド北部)でも同様に、昔から紙の材料としてジンチョウゲ科は利用されてきています。

昨年12月に行ったネパールの2,000m以上の山の中でも、これと同じようなジンチョウゲ科の木が自生していました。
樹皮を剥ぎ取り、蒸して叩いて水に晒して簀の子で漉いて と、ほとんど日本の和紙制作と同じ工程でもって、ネパール和紙(ロクタペーパー)を作っています。
ネパールのロクティ:http://hd2s-ngo.asablo.jp/blog/2016/12/11/

和紙の材料としては、同じジンチョウゲ科の中でミツマタ(三椏)やガンピ(雁皮)などが有名ですが、このオニシバリもジンチョウゲ科ですので、この木の樹皮からも紙を漉くことは出来ます。
ちなみに、コウゾ(ヒメコウゾ:姫楮)はクワ科(雌雄同株、雌雄異花)ですので、同じく紙の原料といってもちょっと科が違いますね。ヒメコウゾは、丹沢や群馬・新潟の山中でもけっこう見かけます。

オニシバリは雌雄異株の落葉低木ですが、落葉する時期は冬ではなく夏なんです。ですからこの時期でも艶々した葉っぱが茂っています。
ミツマタなどはこの時期には完全に葉を落としていて、枯れた枝先に黄色いボンボリのような花だけを付けています。

ちなみに、ジンチョウゲは常緑ですので、いつも青々した葉を付けていますね。
また、日本で栽培されている庭木などのジンチョウゲは、そのほとんどが雄株だと言います。園芸用には挿し木で育てる方が効率が良いらしく、花の付きの早い雄株のほうが増える要因になっているとか。


オニシバリは周りの落葉高木が葉を落とし切った冬の間に葉を茂らせ、盛んに光合成をして一年分の養分を貯えます。
夏の間は鬱蒼として暗い森の中も、この冬の時期には林床まで陽がサンサンと降り注ぎます。
オニシバリは、秋に葉っぱを落とす周りの木々の中にあって、冬のあいだ太陽の光を独り占めして、「してやったり」とほくそ笑んでいるでしょうね。

逆に、ほとんどの木々や草が葉を茂らす夏の間は、すっかり葉を落として枝だけとなり、来るべき秋の新葉の展開に備えています。
夏に葉を落とすことから「なつぼうず」などと言う別名もあるくらいです。

花びらのように見えるものは、萼片(長く伸びた萼筒が先端付近で四裂したもの)にあたります。
萼筒の先端からは、黄色い花粉を付けた雄しべが顔を覗かせています。
オニシバリは雌雄異株ですので、この木は雄の木ということになりますね。

冬の間に葉と花を付けたオニシバリは、初夏の葉を落とす前の枝先に真っ赤な実をたくさん付けます。
葉の無い枝にたくさん付く赤い実は、薄暗い林床の中でもけっこう目立ちますが、この実には毒があるのだと言います。

寄沢河畔のフサザクラ、開花し始めました … 自然観察・WanderVogel2017/03/11

やどりき沢のフサザクラの開花
- -
丹沢の寄沢(やどりきさわ)河畔にたくさん植わっているフサザクラ(房桜)の木。今日は空気は冷えていましたが、暖かい陽射しを浴びた蕾みから順に開花し始めていました。

フサザクラは、バラ科のサクラとは別物(遠縁にはあたるようです)で、独立したフサザクラ科フサザクラ属の落葉高木です。
丹沢の陽当たりの良い場所で谷沿いでは、割りと良く見られるポピュラーな樹木です。


フサザクラの一番の特徴は、写真のように特徴のあるハデな花です。
赤い房状の花の咲く様子を、満開のサクラに見立ててフサザクラという名が付けられています。また、タニグワ、サワグワなどと言う名でも呼ばれたりします。

雌雄同株の両性花で、3月から4月に葉が開くのに先駆けて、このように咲きますが、普通の花のような「花弁」は無くて、花のように見える赤いものは「雄しべ」に当る部分になります。
この雄しべが10本以上束になっていくつも垂れ下がり、ルーペで雄しべの根元を覗き込むと、雌しべが多数ついているのが見えます。

フサザクラ、かなり変わった、と言うか、かなり原始的な被子植物で、「古代植物の生き残り」なんて言われたりもしています。

昔、設計した地ビール施設からの贈り物 … 地ビール・建築設計2017/03/10

松島ビール
- -
地ビールのオーナーから、そこで作っている地ビールがたくさん届きました。
温泉熱利用で作っている仙台のイチゴも一緒に、冷蔵庫に入り切らないくらい送られてきました。ありがたいことです。

昔(20年以上も前のことですが)、国税の酒税改正が要因となり、日本中に地ビールブームが持ち上がりました。
それまで、ビール醸造の許認可条件で最大のネックであった最低生産量がこの年から大幅に下がったことで、新規参入がし易くなったのです。

そんななか、東北六県の中で一番最初に地ビールプラントとして稼働したのが、僕の設計したこの松島ブルーイングカンパニーでした。
その後、各地にたくさんの「ご当地 地ビール」が生まれることになります。
でも、ブームというのは恐ろしいもので、安易に多くの地ビールプラントが出来過ぎたため、今度は地ビールの淘汰が始まります。


松島ビールは、地ビールプラント、ビアレストラン、天然温泉施設などがセットになった複合施設だったこともあって、20年経った今でも(東日本大震災で少なからず被害を受けましたが、、)ちゃんと稼働し営業を続けています。
こういった商業施設が松島の山中(観光ルートでも何でもない、大郷町にあります)で、20年以上も営業し続けるというのは、本当に大変な努力が必要と思います。

僕が設計した当初は、ビアレストランで飲む以外には、1Lの大きなリターナル瓶で売り出した地ビールでしたが、今はこの330mlの小瓶でも作っているようです。

当時、現地に泊まり込みで設計監理をしていた僕は、ドイツ人の醸造技師と同じ民宿に寝泊まりしていました。
彼は昼間はプラントで地ビールの試作・醸造を繰り返し、夜は僕らと夜の酒場に、、、という楽しい思い出が蘇ってきます。

Dunkel、とても美味しいです!
今年、久しぶりに現地を訪れてみよう。そうだ、バイクで行くというのもいい考えだな!

西丹沢の沢で見かけたキクラゲの幼菌 … 自然観察・WanderVogel2017/03/09

キクラゲの幼菌
- -
今日は埼玉県の方に建築検査に出かけたのですが、民家の庭先で今にも開花しそうな紫色の花びらを覗かせた大きなモクレン(木蓮)の蕾みを見つけました。
他人の家の庭先でパチパチ写真を撮るのも何だかはばかられたので、写真は撮っていませんが、町中ももう春ですねぇ。

話し替わって、先日の日曜日に出かけた世附川の上流部の沢で見かけたキクラゲの幼菌の写真を一枚UPしましょう。
取り付いている小枝の種類は残念ながらわかりませんでしたが、沢に落ちて流されてきた枝にキクラゲの幼菌が取り付いていました。
先日(3/3)のblogで、ベニチャワンタケの写真を載せましたが、山を歩くと木々の新芽や野草の芽吹きに混じって、けっこうキノコなども目に飛び込んできます。

また、丹沢の山中では、この時期(3月から4月にかけて)割りと陽当たりの良い斜面などで、モリーユ(アミガサダケ)を見つけることもあります。
ですので、渓流で釣りをしている最中も、目では魚の姿を追いながらも、別なところにもアンテナを張って、目の端であちこち探しているのですよ。


実は、自宅近く(金沢八景・金沢文庫)でも野生のキクラゲ(アラゲキクラゲですけど)がたくさん採れるところが何カ所かあって、まとまった雨が降ってくれれば偵察行ってきたいところなのですが、最近雨が少ないので今は期待薄だろうなぁ。

キクラゲと言ったら、春のキノコだから、楽しみにしているんだけどなぁ。

今日は畑作業を頑張りましたよ … 畑仕事・WanderVogel2017/03/08

畑仕事
- -
今日の午前中、時間を取って畑仕事を頑張りました。
(ダイコンとカブを始末したので、今 畑に残っている野菜はタマネギと長ネギ、グリーンピースだけになりました。)

今日は昨年末に三渓園の山から集めてきたたくさんの落ち葉を畑に蒔いて、耕運機で一緒に攪拌しながらしっかりと耕しましたよ。
すぐにジャガイモを植えるわけにはいきませんが、ここまでしておけばなかなかタイムリーに時間が取れない僕にとってもひと安心といったところです。
種ジャガイモも物置にすでに用意してありますので、今週末か来週始めには植え付けたいと思っています。

昨年秋にサツマイモを作ったところに今年ジャガイモを植えること自体は問題ないと思うのですが、、、
まぁ、問題はないだろうな。同じようなイモ類でも、種類が違うし。


ついでに畑の周りの雑草刈りを機械で1時間。そろそろ雑草の伸びが早くなる季節です。
畑の周りに植えられている桜の木もポツポツと花を付け始めました。
ここは高台にあって、すごく陽当たりが良いので、そういう意味では草花にとっては最適地なのでしょうね。

石神井川沿いのコブシ、開花してました … 自然観察・WanderVogel2017/03/07

石神井川沿いのコブシ
- -
今日、現場検査の帰り道、石神井川沿いでコブシが開花してました。

何本かあるコブシの木のうち、この1本だけが開花していました。陽当たりが特別良かったのでしょうかねぇ。
青空をバックに、純白のコブシの花が数輪 きれいに咲いていました。

コブシと良く似ているハクモクレンの花は、揃って上を向いて咲きますが、コブシ花は横を向いたり下を向いたり上を向いたりと、てんでバラバラに咲きます。
花びらの数も違いますよね。コブシの花びらは6枚、ハクモクレンは9枚。
なにより一目でわかる違いは、花の大きさでしょうかね。コブシはハクモクレンに比べて、ずっと小振りで可愛らしい。


もうひとつ。
タムシバもコブシに似ています(タムシバの花びらはコブシ同様に6枚ですし)が、街中でタムシバを見ることはまず無いでしょうね。山の花ですから。
コブシの花の根元には1枚の葉が付いていますが、タムシバには葉が付いていません。見分けるポイントはそこかな。

タムシバといえば、谷川岳の向かい側にそびえる白毛門の稜線に、タムシバの群生があったのを思い出します。
雪の消えかかる頃(ゴールデンウィーク明けくらいかな?)、真っ白なタムシバの花とシャクナゲの薄ピンク色の花の競演が谷川岳とマチガ沢をバックに見られます。

昨日のフライフィッシング釣行・余談 … Fly fishing・WanderVogel2017/03/06

西丹沢のカモシカ
- -
昨日の西丹沢での釣行の話しの続き。

これまで何度かここで書いていますが、釣り上がりの渓流釣り(特に源流域での釣り)は足で稼ぐと言われるほど、歩いている時間と距離が長い。

昨日は、朝7時30分ころに現地の駐車場を出発し、再びそこに戻って来たのが17時10分。ですので、行動時間は9時間45分ほどにおよびます。いやぁ~、長い!
その間に休憩らしい休憩はお昼ご飯を食べている時間(30分ほど)だけなので、ほぼ9時間は休み無く歩いていたことになります。

確かにロッドを振っている瞬間は止まっているわけですので、沢に入れば止まったり動いたりを繰り返しているということになりますが、まぁ、ほぼ休み無く移動を繰り返していると言ってもよい。
いつも行く西丹沢(世附川)では、行きと帰りに2時間ずつの林道歩きが必ず付いていますので、実際に沢に入ってロッドを振っている時間は5時間程度ということになります。
昨日の場合(まぁ、だいたいいつも同じ感じですが)、歩いた距離は林道、沢、合わせて21.2km、高低差(駐車場から納竿、沢の最上流部まで)は600m程度でした。


登山や山歩きは歩くこと自体が目的ですが、FFの場合はやはり「釣り」そのものが目的ですので、前後の林道歩きは正直いって辛いものがあります。
登山靴を履いていればまだ良いのですが、軽量化を図るため、林道歩きも沢用のウェーディングシューズ一足で通していますので、長距離の林道歩きではやはり足への負担が大きい。

でも林道では時々、(写真のように)カモシカくんに見つめられていることがあったりして、周りを気にしながら歩くと可愛い動物たちに出会える面白さもあります。
ニホンジカは、狩猟期間を終えたこの時期は特に警戒心が強くて、山中に鹿の警戒音(かん高い鳴き声)は響き渡るが姿を見せない、なんてことが多いのですが、狩猟対象ではないカモシカ(国の特別天然記念物)の場合は逆に、人に対して興味があるからなのか、警戒心そのものがまったく無いからなのか、ジーッとこちらを見つめたまま(観察している?)しばらく動かないでいます。

一人山中を歩いていると、ふと何か強い視線を感じて周りを探ってみると、木の陰からカモシカがじっと見つめていた、なんてことが往々にしてあります。
クリクリとした丸い目とキョトンとした顔つきがなんとも愛らしい!

無料カウンター