8月1日、谷川岳・西黒尾根を登る … WanderVogel2012/08/01

20120801谷川岳 西黒尾根
- -
一日ポンッと予定が空いたのと、谷川岳から上越国境方面が快晴という予報を受けて、日帰りのソロトレッキングをしてきました。
苦しいと評判の直登ルート、西黒尾根を登り谷川岳(オキの耳/トマの耳)を目指します。

5:30に谷川岳ロープウェーの駐車場を出発し、途中の登山指導センターの窓口に登山届けを提出し、樹林帯の中の急勾配を登り始めます。

何回か休み(5分~10分程度)を入れながら、7:40にラクダの背に着き、そのまま登り続けて9:00にトマの耳の頂上着。
写真を撮った地点は「ラクダの背」少し手前ですので、ここから「トマの耳」(写真中央上のピョコッと飛び出たピーク)まで1時間40分でした。

朝早い出発だったからか、頂上付近にも登山ルートにも3~4人の人影が確認出来る程度の静かなトレッキングになりました。
(西黒尾根のルート上では一人の登山者とも出会いませんでしたし、頂上のルートも朝9時くらいですと人影もまばらです。静かな谷川岳を味わいたいならこのルートはおすすめかも…)

オキの耳を越し、一ノ倉岳の方向に少し足を伸ばして、ノゾキと呼ばれる断崖絶壁で昼食。オプティマス スベア123Rでお湯を沸かし、お茶とスープとおにぎりの昼食です。

その後は、もと来た道を引き返し、トマの耳からは天神尾根方向に下り、天神平(13:30着)からロープウェーであっという間に朝の駐車場まで下り、今日の山行は無事に終了です。
こんなに快晴になるのも珍しいと言われるほど、谷川岳はもちろん上越国境の山々から越後三山、万太郎山、苗場山、至仏山、なんと八ヶ岳の赤岳頂上までもクリアに見渡せました。

帰りには途中にある、湯テルメ谷川(みなかみ町 町営)で山の汗をさっぱり洗い流して、帰宅します。
以前のBlog(湯テルメ谷川):http://hd2s-ngo.asablo.jp/blog/2011/11/13/

コースタイム:2012年8月1日 快晴、単独山行
5:30 谷川岳ロープウェー駐車場発 ~ (登山カード記入・提出) ~ 5:45 西黒尾根登山口 ~ 6:00 鉄塔 ~ 7:05 樹林帯を抜け尾根上(天神平ロープウェー駅が見える) ~ 7:40 ラクダの背 ~ 8:35 ザンゲ岩 ~ 9:00 トマの耳頂上(休憩) ~ 9:30 オキの耳頂上 ~ 10:10 ノゾキ(昼食1h) ~12:30 熊穴沢避難小屋 ~ 13:30 天神平ロープウェー駅着
(天神平ロープウェー片道¥1,200、谷川岳ロープウェー駐車場¥500)

光るどろだんごワークショップで田村先生と … ART WorkShop2012/08/02

20120802光るどろだんごWS
- -
土の工房「アトリエ・テラ」を主宰されている田村 和也先生のワークショップに行ってきました。

実際に作る作業は時間が無くて出来ませんでしたが、先生との久しぶりの再開を楽しみました。
今回の目玉はエルサルバドル産の藍を使ったどろだんごです。国産の藍よりも深い色合いのインディゴブルーが神秘的です。

ワークショップには募集人数を越えた応募があり、教室の外まで人がいっぱいで、子供から大人までたくさんの方々が一心不乱にどろだんごを磨いていました。
こういう作業は年齢や性別、職業などに関係なく一気にのめり込んでしまうものなのですね。

ワークショプ終了後、先生と共にキュレイターや染色/織物のアーティストらと時間を忘れて楽しいおしゃべりをして、充実した時間を過ごしました。
たまには違うジャンルのクリエイターと話しをするのは楽しいものです
パワーと元気をもらいました!


昭和初期の洋館そのままを使い続ける個人病院 … 邸園/文化財保全・ヘリテージマネージャー2012/08/03

昭和初期の病院建築
- -
邸園(歴史的建築物)保全活用には、地域に残る古く貴重な洋館、和館を探し出してリストアップしていくという作業があります。

僕に住んでいる地元横浜/金沢八景周辺にも、歩いて探してみると結構そういう昭和初期に作られた洋館などがひっそりと残っているものです。

写真は木造2階建ての個人医院ですが、もちろん現在も代替りをしながら何代目かのお医者さんが開業しています。
外観は1階は南京(ドイツ?)下見板張りでペンキ塗りという(かなり剥がれていますが)レトロなもので、2階は塗り壁(漆喰?)、窓は全て木製の上げ下げ窓、また 玄関ポーチは小さな車寄せ風にデザインされていて、腰壁がスクラッチタイルで壁はスタッコ調の塗り壁、木製の丸い飾り窓もそのまま残り、昭和初期の洋館の条件がみな揃っています。

全体のデザインバランスがすごく良くて、昭和のレトロな雰囲気を醸し出しています。

軒天井は無垢板の実張りのようですが、さすがに老朽化していて一部は剥がれて欠落しています。
屋根は一見するとフランス瓦のように見えますが、詳細は解りません。(ひょっとすると、ジェラール瓦だったりして、、、まさかねぇ)

こうして全体と細部をざっと眺めて見ただけでも、建設当時の仕様やディテールをそのまま今に残しているのではないかと想像出来ます。

この建物がかなり貴重だと思えるのは、昭和初期のデザインを残しているということだけでなく、当時の個人病院の設計・レイアウトなどが手を加えられずに残されていれば、病院設計の手法的にも重要なサンプルと言えるでしょう。

しっかりと実測と調査をしてみたい建物です。
そして、ぜひ後々までこのまま残していってもらいたいなぁ。

・・・定期的に つづく

横浜の文化遺産のひとつです・ジェラール瓦 … 邸園/文化財保全・ヘリテージマネージャー2012/08/04

ジェラール瓦1886年製
- -
邸園(歴史的建築物)保全活用推進(ヘリテージマネージャー)活動の専門講座:文化財級の瓦屋根の補修について。

瓦の種類や大きさの違い、その葺き方や工法、材質や産地による特徴など、ひとくちに「瓦工事」といっても、かなり幅も広く 奥が深くて、とてもとても一筋縄ではその芸術性の深淵を覗き込むことは出来ません。

今日の専門講座では、文化財級の瓦仕事専門のエキスパートである屋根工事の棟梁がいろいろな種類の貴重な瓦の現物を持ち込んで、レクチャーをしてくれました。

写真は幕末から明治の初めにかけて、横浜元町に工場を作って西洋瓦(フランス瓦)やレンガを生産していたフランス人、アルフレッド・ジェラールの作ったいわゆる「ジャラール瓦」(裏面)です。
しっかりと刻印も残っていて、ここには1886年製と刻まれています。

ジェラール瓦には2種類あったそうで、赤茶の瓦とこの光沢のあるグレーの瓦です。(赤茶の瓦の方は横浜開港資料館に展示してあります。)

横浜山手の明治時代に建てられた洋館屋根のジェラール瓦は、長い年月潮風を受けてきたからでしょうか、何とも言えない落ち着いた深みと渋い光沢のある表情を見せています。

まさしく「いぶし銀」です。美しい1枚の瓦は、価値のある焼物のようにそれだけで鑑賞に堪えられるものがあります。

・・・定期的に つづく

古建築再生の大工道具たち … 邸園/文化財保全・ヘリテージマネージャー2012/08/05

古建築再生の道具たち
- -
邸園(歴史的建築物)保全活用推進活動の専門講座:文化財級の木造/木工部分の補修について。

明治から昭和初期に造られた和館・洋館の古建築修復で使用する大工道具たち、のほんの一例を持ってきてもらって、実例を元にレクチャー/ディスカッション。
(建具や木工、石工、塗り壁、屋根などについてはこれとはまた別にそれぞれ専門の棟梁がいて、その職種ごとに特殊な道具を使用して、修復・保全にあたります。)

これらは残念なことに、現在の(住宅を含めて)建設現場ではあまり使用されない道具になってしまっています。
今の木造建築物の造り方は、ほとんどが工場で材料を刻み製作されたプレカット部材を現場に運び込んで、図面に合わせて組立てるという形式ですので、こういった本来 大工さんが使っていた道具などは現場では逆にまったく見られなくなっています。

古い建築物を直す時にだけ、昔の造りかたにならって修復する必要があるために、こういった道具類が必要になってくるというわけです。
そういわれると何だか本末転倒と言うか、さびしい気持ちになります。

・・・定期的に つづく

基礎型枠の脱型とスラブの水溜まり … 第三者監理・検査2012/08/06

基礎型枠脱型
- -
写真は、基礎コンクリート打設後に一定の養生期間を取って型枠をバラした(脱型)した時の様子です。

通常のコンクリート基礎の場合には、ベタ基礎スラブ面と外周立上がり基礎との境目に水抜き穴(パイプを埋めたりもします)を設けますので、型枠をバラしてしまうと基礎の内側に溜まった雨水などはきれいに排水されてしまいます。

ここの基礎の場合は、スラブ面と外周立上がり基礎との境目に止水板と呼ばれる外部からの水の侵入をブロックする板状のものが入っているために、水抜き穴は設けていません。

建て方が終わって1階の床をふさぐ工事が始まる時には、ベタ基礎上面は完全に乾燥していなければいけませんが、それまでは水が溜まった状態もままでも大きな問題はありません。

水が1階に溜まったままの状態で木工事を進めると、こもった湿気で木が悪くなるんでは? という質問も良く受けますが、結論を言えばまったく問題ありません。

乾燥材で造られた木造部分は、現場で何日も雨に濡れて湿気てしまっていても、1日晴れた日があれば元の含水率に戻りますからね。
しかし、元々乾燥率の低い(含水率の高い)グリン材を構造部材や造作材に使用する場合は少し注意が必要です。
(そういったグリン材は法律で使用を禁止されているわけではないので、請負金額がギリギリの工務店などが部材の単価を押さえようと、ごく稀に使う場面に出くわすことがあります。)

話しが横道にそれましたが、それでは1階の床をふさぐ時にスラブ面に水が溜まっていたらどうするのかと言うと、それはもう 手作業で水を掻い出すしかありませんね。

一昔前までは住宅の基礎でもベタ基礎の場合は、窯場と言う四角い凹みを床スラブの1カ所に作って、そこに溜まった水を集めて水中ポンプで排水していたのですから・・・


施工業者とのトラブルで裁判沙汰になることも … 第三者監理・検査2012/08/09

横浜スナップ
- -
施工者の無責任な言動や行い、いい加減な施工技術が原因でトラブルとなり、結局改善しないまま最終的に裁判沙汰にまで行きついてしまう事例が時としてあります。

専門的にジャッジをする専門家を間に入れて、早い段階で対処すれば被害を最小限にして仕切り直しが出来ることもありますが、そうしないでズルズルと進めてしまうと、時間だけが経過して後戻りの出来ないとことまで行ってしまう、という事例も過去に見てきました。

今抱えているある現場では、施工業者・設計者両方がいい加減で、施工業者にいたっては今までまともな仕事をしたことがない感じの見事な(?)ダメダメぶりで、工事監理者(設計者・一級建築士)の監理状況も(一度もやったことがないかのような)素人同様のものでズサンそのもの、さすがの私もこれには呆れ返ってしまいました。

と言っても、施主にとって大切な住宅資金をつぎ込んで始めた工事です
「悪い業者に当ってしまい、不運でした!」では済みません。

私の方で、一番いい形で施工業者と手を切ることが出来るであろうシナリオをつくり、法的にも専門的にも筋の通った書類を提示しながら最後の話合いです。
これまで何度も現場に足を運び、それでも何とか最低限度の施工レベルを確保するところまで精度を上げるべくしつこく現場指示をし、施主とは毎日数度の電話とメールのやり取りをやり続け、やっとここまでこぎ着けました。と、いう感じです。

普通の人にとって「夢のマイホーム」の建設は、おそらく一生に一度の大イベントです。
誰でもトラブルなく夢の実現を望んでいると思うのですが、100軒のうちの何軒かはそうはいかないケースがあります。

施主側に付いて、(セカンドオピニオンとして)工事の施工状態や施工精度の検査/確認、正常な進行状況の把握など 専門的なチェック/ジャッジをしてくれる建築士の助けは、施主にとっての大きな支え・保険になると思うのです。


八ヶ岳・赤岳/権現岳・真教寺尾根を登る … WanderVogel2012/08/11

八ヶ岳赤岳ツルネより
- -
8月10日、八ヶ岳/赤岳・権現岳を日帰りのソロトレッキング(帰って考えると、まるで山岳マラソンのようでした)をしてきました。

行程が長い、直登する岩場が危険、苦しいと評判の山梨県側からのルート、真教寺尾根を登ってまずは赤岳頂上を目指します。
その後は、時間と天候を見ながらキレット・ツルネ、権現岳方面への縦走をするつもりで計画しました。

天候には恵まれましたが、またまた体力が問題の山行となりました。というよりは、このコースは1泊2日で計画するのが正しい。
しかも横浜から往復 車を運転しての日帰り山行はちと無謀でした。


5:50に清里・美し森山の駐車場を出発し、赤岳を正面に見ながら(実際はこの時間は濃霧で真っ白)真っすぐに樹林帯を登り始めます。

6:50に賽の河原というところに着くも ミルクの中の様で何が何やら解らない状態、そのまま登り続けて7:40に牛首山ピークに到着。
ここでやっと濃霧の上に上がったので、赤岳を始め権現岳や大天狗・小天狗の岩稜が見えてきます。

ここからはしばらく尾根上の見晴らしの良い道が続きますが、危険な岩場のクサリ場が頻繁に現れてきます。
長い行程を敬遠されて人気がないのか、この尾根を登ってくる登山者はあまりいませんので、長野県側美濃戸方面から登るコース上でよく起きる「岩場の渋滞」もありません。

赤岳頂上10:25着。快晴!さすがに頂上付近は登山者でいっぱいです。

早々にもと来た道を引き返し、真教寺尾根分岐を今度はキレット小屋を目指して痩せた岩尾根を下ります。このコースも横岳や阿弥陀岳方面に比べると歩く人がグッと減ります。

キレット小屋までの岩壁の下りはなかなかのものです。振り返って見上げると快晴の青空のなか 赤岳が迫ってくるようにそそり立っています。

このあたりで私の体力も限界に近くヘロヘロ状態で、お昼前なのにすでにキレット小屋での「山小屋宿泊」が頭をよぎります。
キレット小屋で昼食を食べて30分ほど休憩しますと何だか元気が戻ってきたので、このまま権現岳を目指しトレッキング開始ですよ。
この頃より雲の流れが早くなり稜線を吹く風も強くなってきたので、権現岳手前の長い鉄ハシゴが怖かった〜。

権現岳頂上を簡単にクリアして、下山に入ります。(が、ここからもまた本当に本当に長かったぁ〜)
天女山駐車場に下ってきたのが16:50で、ここから車を停めた美し森山駐車場までの八ヶ岳横断歩道+一般道が最後の難関(すでに歩く気力も無し)でした。

コースタイム:2012年8月10日 快晴、単独山行
5:50 清里・美し森山の駐車場発 ~ 6:15 羽衣の池 ~ 6:45 リフト降り場と合流 ~ 6:50 賽の河原着 ~ 7:40 牛首山頂上 ~ 10:10 稜線上に上がる ~ 10:25 赤岳頂上(休憩)10:50発 ~ 11:55 キレット小屋着(昼食) 12:30発 ~ 12:50 ツルネ ~14:00 権現岳頂上 ~ 14:35 三ッ頭着 ~ 15:05 前三ッ頭着 ~ 16:50 天女山駐車場着 ~ 18:30 清里・美し森山の駐車場着
(美し森山 駐車場 無料、飲み水:2.5ℓ)


三渓園・特別公開の鶴翔閣を見る … 建築の旅・WanderVogel2012/08/12

三渓園/鶴翔閣
- -
三渓園の「夏の特別開放」で一家の住まいとして建てられた「鶴翔閣」と三渓晩年の隠居所「白雲邸」を見に行ってきました。

写真は明治35年竣工の「鶴翔閣(カクショウカク)」の中の客間に当てられた棟内部です。

ここには三渓に庇護を受けた多くの若手芸術家が寝泊まりし、客間隣にある土蔵に納めてあった三渓所蔵の文化財級の書画・彫刻などに直接触れながら新しい芸術の製作にいそしんだといいます。
若手芸術家たちとは、横山大観、下村観山、前田整頓など、後の日本を代表する芸術家たちです。

建物は、外観は重厚な茅葺き屋根で重々しさと威厳を見せていますが、内部は一変して 洗練されていて、造作にも細かい配慮を見せた、非常に上品で繊細な造りの数寄屋建築になっています。

この日(8/12)は同時に古建築公開関連企画として、「建築野外博物館としての三渓園の魅力」という題で、横浜国立大学准教授の大野氏による講演が行われました。

三渓園には白川郷荘川村から移築された「旧矢篦原(ヤノハラ)家住宅」という茅葺き合掌造りの大きな民家が建てられていますが、この住宅と日本民家園(川崎市)にある白川郷白川村、五箇山、五箇山利賀の4つの地域の合掌造りの違いなどを中心に、移築や保存・修復、施工・技術の継承に関わる話しまで、とても内容の濃い講演を聴くことが出来ました。


三渓園は春と夏に期間を限って内部を公開する特別な建物がありますが、それ以外にも多くの重要文化財、横浜市指定有形文化財に指定されている建物が建っています。
とても2回、3回来たくらいで見切れるものではありません。

春の特別公開1:http://hd2s-ngo.asablo.jp/blog/2012/05/04/
春の特別公開2:http://hd2s-ngo.asablo.jp/blog/2012/05/05/


三渓園・特別公開の白雲邸を見る … 建築の旅・WanderVogel2012/08/13

三渓園/白雲邸
- -
こちらはもうひとつの特別公開建物、三渓晩年の隠居所「白雲邸」内部

大正9年に隠居所として建てられた、近代的で上品なセンスを感じさせる数寄屋風建物です。

この部屋は三渓自身の居室部分で、右ふすま奥には三渓の夫人の部屋が配されています。
かつては、その夫人の部屋(奥書院)と、(春の特別公開で見た)茶室「春草盧(シュンソウロ)」とが繋がっていたようで、使い勝手の良い かつ独創的な建物レイアウトになっていたようです。
今もその時のような建物配置になっていたら、それはそれでかなり魅力的な姿だっただろうなぁ、と想像が膨らみます。

床の間のしつらえも和室全体の造りもひじょうに端正でいて軽快、明るいデザインセンスを保ちながら、凛とした一本筋の通った強い意志を感じさせる室内空間デザインになっていると感じました。

左の三畳の部屋が三渓自身が使った書斎で、明かり取り窓に造り付けの1枚板を渡した書院のようになっています。

「鶴翔閣」と「白雲邸」は共に、横浜市指定有形文化財になっていて、明治、大正期の近代和風建築を代表する建物である、と言っても言い過ぎではないほど、貴重で美しい建物群です。


アクセスカウンター